カテゴリー「仏像」の投稿

国宝 阿修羅展 (東京国立博物館)

昨日阿修羅に会いに行った。これで4回目になる。奈良・興福寺国宝館で3回、東京では初めて。阿修羅が奈良を離れるのは半世紀ぶりらしい。東京国立博物館は入館まで90分の行列。雨の中黙々と歩みを進める。普段ならとうてい我慢できる待ち時間ではないが、不思議と苦痛ではなかった。それにしても女性の多いこと。連れのいない男一人は浮いていた。
寺ではない場所で観るのはいかがなものかという声もあろうが、通常阿修羅はガラスケースの中に収められており、裏側からはもとより、横から見るにも限界がある。それが360度好きなアングルから見られるのだ。この初めての機会を逃す手はない。

六道輪廻における六界(道)〔地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上〕のひとつ「修羅界(道)」を支配するのが阿修羅。阿修羅は、もとは正義の神で天界に住んでいたのだが、帝釈天に娘を奪われたことを機に帝釈天に戦いを挑み、際限なく敗れ続け天界を追われてしまう。
須弥山(しゆみせん)の頂きにあるといわれる「三十三天の住みか」の中央には「善見」と呼ばれる都城があり、さらにその中央にある殊勝殿に住まうのが帝釈天。いわば天界の統治者に挑むという無謀な戦いだった。鎌倉時代の「六道絵」には忿怒の形相の阿修羅が描かれている。その後、阿修羅は仏法の守護神たる八部衆のひとつになるのだが、興福寺の阿修羅像のように人間の顔に近く、穏やかな表情をしているのは極めて珍しい。

三面六臂の異形の姿が何故かくも人の心を魅了してやまないのか。おそらく、阿修羅が仏に帰依するまでの内面の動きが、見事な造形とともに表現されているからだろう。正面の顔は端正な面立ちの中に愁いを漂わせている。口をぎゅっと結び、やや目が吊り上がり、何かに耐えているようにも見える(正面向かって)左の顔。右の顔は何ものかに対峙している感があるものの、威嚇ではなく、凛々しさを湛えている。三つの顔どの表情も、角度が変わると微妙に変化する。
一般には少年と捉えられているが、この像に少女の姿を重ねて見ることもできる。観る者の心次第で表情を変えるのも阿修羅だ。
慈愛に満ちた像とは違う。苦悶の跡が、戸惑いのようなものさえ感じられる。阿修羅の視線は私たち人間をすり抜け、はるか遠くへと投げかけられている。

阿修羅の周りを人々が三重、四重になって囲み、数秒ごとに半歩ずつずれてゆきながら360度回るのであるが、人と密着していても気にならなかった。輪から抜け、2メートルも離れれば、じっくり拝むことができる。実際多くの人が立ち去りがたく、佇んでいた。
初めて真後ろから観たのだが、左右両方の横顔の違いが際立って見え、その素晴らしさにため息がこぼれた。
1300年の時の流れを超え、阿修羅は目の前にいた。

もちろん、阿修羅以外の八部衆像、十大弟子像、四天王立像、薬王・薬上菩薩立像なども見事なものだった。
とりわけ気に入ったのは、法隆寺所蔵の阿弥陀三尊像。その慈愛に満ちた穏やかな表情に惹かれ、他の人の邪魔にならぬよう少しずつ立ち位置を変えながら、20分近く見入ってしまった。

煩悩まみれの人間ゆえ雑念が消えることはないが、心を無にできる時間はたとえわずかであれ、私には尊い。

すべてを見終え外に出た時にも雨は降りやむことなく、長蛇の列は100分待ちに変わっていた。「100分待つだけの甲斐は十分にありますよ」と心の中で声をかけながら、上野の森を後にした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)