« 2022年2月 | トップページ

2022年4月

2022年「第22回不忍ブックストリート 一箱古本市」出品本の一部紹介(2)

明日4月30日(土)、「第22回不忍ブックストリート 一箱古本市」(11:00~16:00)、
<とみきち屋>「HOTEL GRAPHY 根津」https://t.co/mcAX3neTQf さんに出店いたします。

一箱古本市を通じて知り合った店主さん、お客さんはたくさんいらっしゃいます。お顔を思い浮かべると、あの時はこんなことがあったな、こんな本を持ち帰ってもらったなと、さまざまな記憶がよみがえってきます。
3年ぶりの開催、お目にかかれたら…と願いをこめて明日は会場でお待ちしています。
もちろん、新しい方々との出会いにも期待して。

それでは、出品本の一部紹介第二弾です。

【文庫本】 書名直後に★があるのは絶版または品切れ

■多和田葉子『溶ける街 溶ける路』  講談社文芸文庫
■黒岩比佐子『音のない記憶』★ 角川ソフィア文庫

多和田さんの本はほんとうに人気があって、これまで20冊は届けてきたでしょうか。以前、多和田さんと私が高校の同期ということを、一箱古本市についてのブログで書きました。それをご覧になった黒岩比佐子さんから連絡をいただき、黒岩さんが高校の一年先輩ということも判明。いつかゆっくり話をしましょうと約束をして間もなく、黒岩さんは亡くなられました。一箱古本市がもたらしてくれた縁だったのに、残念でなりません。
黒岩さん渾身の作、『音のない記憶』も出品します。

■モーリス・パンゲ『自死の日本史』★ 講談社学術文庫

フランス人哲学者の著者が日本における自死を、武士道の切腹を根底において考察する日本文化論。史実的にみて多少の瑕疵はあるようですが、これだけ踏み込んで書かれていることに驚嘆します。三島由紀夫に関する記述は出色。

■アーサー・ケストラー『機械の中の幽霊』★ ちくま学芸文庫

ダーウィンの進化論に対する批判という枠には収まらない。壮大なヴィジョンのもと、人間の可能性を説いており、こうなると奇書に近いともいえるでしょう。一向に復刊の気配がありません。

■坂井弘『故人』★ 講談社文芸文庫

34歳という若さで事故死した山川方夫に捧げる鎮魂の書。山川方夫ファン必読。

■内藤礼『世界によってみられた夢』★ ちくま文庫

何と静謐で繊細な世界!光と影の、えもいわれぬバランスに魅了されます。こんな小さな作品なのに大きな存在感を伴い、魂の鼓動のようなものさえ感じられ。手にとってご覧になってみてください。気に入っていただけると思います。

■中平卓馬・篠山紀信『決闘写真論』 ★ 朝日文庫

中平卓馬の写真論は哲学にほかならない。言葉のひとつひとつに、鋭いナイフに抉られるような感覚を覚えます。

Img_20220429_140841

ほかにもこんな文庫本を。

■淀川長治・蓮實重彦・山田宏一『映画千夜一夜 上・下』 ★ 中公文庫
■中沢新一『フィロソフィア・ヤポニカ』 ★ 講談社学術文庫
■マッキントッシュ 『薔薇十字団』 ★ ちくま学芸文庫
■井上究一郎『ガリマールの家』 ★ ちくま文庫
■後藤明生『首塚の上のアドバルーン』 講談社文芸文庫
■塚本邦雄『新撰 小倉百人一首』 ★ 講談社文芸文庫
■高山宏『殺す・集める・読む』 ★ 創元ライブラリ
■テリー・イーグルトン『文学とは何か  上・下』 岩波文庫
■コルタサル『石蹴り遊び 上・下』 ★ 集英社文庫
■『シモーヌ・ヴェイユ アンソロジー』 河出文庫
■野呂邦暢『失われた兵士たち』 ★ 文春学藝ライブラリー
■茨木のり子・長谷川宏『思索の淵にて』 ★ ちくま文庫

Img_20220429_141728

Img_20220429_142504

ほか多数

用意した本を一度には並べられませんので、入れ替え、補充をします。
そのため、前半と後半では箱の中身も結構変わります。お時間が許すようでしたら、二度足をお運びください。

みなさまのお越しをお待ちしております。

| | コメント (1)

2022年「第22回不忍ブックストリート 一箱古本市」出品本の一部紹介(1)

4月30日(土)開催の「第22回不忍ブックストリート 一箱古本市」(11:00~16:00)
<とみきち屋>「HOTEL GRAPHY 根津」https://t.co/mcAX3neTQf さんに出店いたします。

しば犬堂+藤棚さん、ビーナイスの本屋さん、 kafka(かか) さん、 ポップアップライブラリー さん、モロモロさんとご一緒させていただきます。 全6箱

もうひとつのスポットは忠綱寺 https://chukoji.jp さんです。全19箱

【店主さん一覧 】こちら➡  http://shinobazu-bookstreet.com/?page_id=5625

3年ぶりに開催される不忍の一箱古本市。再開を心待ちにしていた方は大勢いらっしゃると思います。コロナ禍の制限はありますが、本を通じてみなさまと楽しい一日を過ごしたいと思っています。

多くの人と出会い、多くの本を届けてきました。気がつけば、本を手にされ喜ばれている方々の笑顔を見られるのが、自分の喜びになっていました。頼まれもしないのにお薦めの本を、時間をかけて集めるのはそのためでもあります。

素敵な本や人との出会いがみなさまに訪れることを祈りつつ、多くの方々のご来場をお待ちしております。ぜひおでかけください。

箱の中の本は入れ替え、補充を行います。午前と午後では箱の中身が変わることも多いので、よろしければお食事、散策の後もう一度お越しください。思わぬ本が見つかるかもしれません。

それでは、出品本の一部を紹介いたします。

【単行本ほか】 書名直後に★があるのは絶版または品切れ

■シオラン『崩壊概論』★国文社

ペシミズムの極致。シオランの毒は強烈なので、読むには覚悟が必要です。
昨今続々と復刊されているのは時代の趨勢でしょうか。しかし、この本が復刊される見込みはかなり低いはずです。

■上林暁『故郷の本箱―上林曉傑作随筆集』★夏葉社
■小山清『風の便り』夏葉社

いずれも滋味あふれる書。夏葉社さんは本当に素晴らしい仕事をされていますね。これまでは主にファンの間で強い関心の持たれていた作家の秀作が、広く知られるようになりました。嬉しいことです。

■鶴見俊輔『悼詞』★ 編集工房ノア
■山田稔『山田稔自選集Ⅱ』編集工房ノア

編集工房ノアさんも忘れてはいけませんね。これまでどれほどお世話になってきたことか。
鶴見俊輔、山田稔、天野忠、杉本秀太郎ほか良質な本が目白押し。
深く心に残る追悼文は数多くありますが、この鶴見俊輔『悼詞』と吉本隆明『追悼私記』は出色だと思います。

■本間健彦『60年代新宿アナザー・ストーリー』 社会評論社

1969年から72年の新宿における熱い文化の息吹がダイレクトに伝わってきます。
タウン誌『プレイマップ』が当時の若者たちを狂喜させたのもうなずけます。登場人物もすごい。
植草甚一、寺山修司、草森紳一、唐十郎、野坂昭如、斎藤龍鳳、田中小実昌、田辺茂一、中上健次、芥正彦、殿山泰司、鈴木史郎康、吉増剛造、高田渡、虫明亜呂無、田村隆一、長田弘、大瀧詠一、篠山紀信、別役実、白石かずこ、ほか多数。名前を見るだけでワクワクしませんか?

Img_20220428_120224

いわゆる古本好きの方々の間ではよく知られている以下の本も出品。

■中山信如『古本屋的! 東京古本屋大全』 本の雑誌社

■小田光雄『古本屋散策』 論創社
■荻原魚雷『古書古書話』 本の雑誌社
■坪内祐三『シブい本』 ★ 文藝春秋
Img_20220428_120427

ほかには

■石田英敬・東浩紀『新記号論 脳とメディアが出会うとき』 ゲンロン叢書
■仲正昌樹『現代ドイツ思想講義』 作品社
■村上春樹『古くて素敵なクラシック・レコードたち』 文藝春秋
■若島正『乱視読者の新冒険』★ 研究社

Img_20220428_120721

などです。

次回は文庫本の紹介になります。

| | コメント (0)

« 2022年2月 | トップページ