« 2014年10月 | トップページ | 2015年3月 »

2014年11月

第27回「 鬼子母神通り みちくさ市」出品本の一部紹介(2)

11月16日(日)開催の第27回「 鬼子母神通り みちくさ市」
<とみきち屋>出店します。出店場所は旧「花結び」向かい駐車場になります。

出店場所、参加者紹介はこちら→ http://kmstreet.exblog.jp/18468637/#18468637_1

みちくさ市詳細→ http://kmstreet.exblog.jp/

では、出品本の一部紹介の続きです。

【単行本】 書名後の※は絶版または品切れ本

■「ロマンス傑作集」(第2回サンリオロマンス賞)※ サンリオ ニューロマンス
 穂波耀・新倉智子・野中藍・桐野夏生・比君那由子 全5冊セット
■山田稔 「特別な一日」 編集工房ノア
■松下竜一 「歓びの四季」※ 晶文社
■北村太郎 「センチメンタルジャーニー」※ 草思社
■清水良典 「笙野頼子 虚空の戦士」※ 河出書房新社
■鶴見俊輔 「社会とは何だろうか」 晶文社
■白井聡 「永続敗戦論」 太田出版
■坪内祐三 「昭和の子供だ君たちも」 新潮社
■三島邦弘 「失われた感覚を求めて」 朝日新聞出版
■デリダ 「マルクスの亡霊たち」 藤原書店
■アガンペン 「アウシュヴィッツの残りもの」 月曜社
■ナボコフ 「ディフェンス」 河出書房新社
■辻征夫 「私の現代詩入門」※ 思潮社

141115_011505

141115_004125

【文庫本ほか】 書名後の※は絶版または品切れ本

■森銑三 「新編 物いう小箱」※ 講談社文芸文庫
■上林暁 「聖ヨハネ病院にて 大懺悔」 講談社文芸文庫
■小島信夫 「うるわしき日々」 講談社文芸文庫
■蓮實重彦 「夏目漱石論」 講談社文芸文庫
■種田山頭火 「山頭火随筆集」※ 講談社文芸文庫
■ラディゲ 「ドルジェ伯の舞踏会」[堀口大學訳] ※ 講談社文芸文庫
■加藤尚武編 「ヘーゲル「精神現象学」入門」 講談社学術文庫
■日下三蔵編 「小酒井不木集」※ ちくま文庫
■獅子文六 「てんやわんや」 ちくま文庫
■オクタビオ・パス 「弓と竪琴」 ちくま学芸文庫
■松浦寿輝 「増補 折口信夫論」※ ちくま学芸文庫
■伊藤俊治 「ジオラマ論」 ※ ちくま学芸文庫
■ドゥルーズ 「差異と反復 上・下」 河出文庫
■ドゥルーズ 「批評と臨床」 河出文庫
■大江健三郎 「大江健三郎自選短篇」 岩波文庫
■柄谷行人 「トランスクリティーク」 岩波現代文庫
■海野弘 「東京風景史の人々」※ 中公文庫
■萩本晴彦ほか 「お前はただの現在にすぎない」※ 朝日文庫
■ブラックウッド 「 ブラックウッド怪談集」※ 講談社文庫
■種村季弘 「薔薇十字の魔法」※ 河出文庫
■ナボコフ 「絶望 」 光文社古典新訳文庫
■片岡孝夫・坂東玉三郎 「桜姫東文章」※ 旺文社文庫
■笠井潔編 「本格ミステリの現在 上・下」※ 双葉文庫
■矢野久美子 「ハンナ・アーレント」 中公新書
■田川建三ほか 「はじめて読む聖書」 新潮新書
ほか多数

141115_005302

141115_010236

いつも通り、300円以下の本も用意して皆様のお越しをお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第27回「 鬼子母神通り みちくさ市」出品本の一部紹介(1)

<とみきち屋>11月16日(日)開催予定の、第27回「 鬼子母神通り みちくさ市」に出店いたします。11:00~16:00

いよいよ今年最後の古本市参加となる「みちくさ市」の開催が迫って来ました。この一年、古本市での販売だけでなく、古書店にもけっこうな数の本を処分してきたつもりですが、まだまだ家の段ボール箱は片付きません。来春の「不忍 一箱古本市」用の本は別枠で確保してありますので、できる限りいい本を多く持っていくつもりでいます。
皆様のご来場をお待ちしております。

みちくさ市詳細→ http://kmstreet.exblog.jp/

<ときみち屋>は、旧「花結び」向かい駐車場に出店予定です。

<北方人>さん、<書肆紅屋>さんと同じブース!!何とも楽しみでなりません。

出店場所、参加者紹介はこちら→ http://kmstreet.exblog.jp/18468637/#18468637_1

では、出品本の一部紹介です。

【特集】 アウトサイダー・アウトロー  ※は絶版または品切れ

2010年3月「第5回みちくさ市」以来4年半ぶり2回目の特集になります。
この時は思っていた以上に多くの本が引き取られていきました。<とみきち屋>特集としては唯一、反響のあったものです(笑)。
この手の本は目につくと(既に持ってはいても)どうしても買ってしまうため、けっこう溜まってしまい、今回大量に出品することにしました。
自身、まともと言えたのは小学生の時までで、それ以降横道にそれてばかり来たので、こうした人物たちの生き方に共感と憧れを抱いてしまうようです。もっとも彼らのような壮絶な経験は持ち合わせていませんが。

■竹中労 「仮面を剥ぐ」※ 幸洋出版
■田中小実昌 「ないものの存在」※ 福武書店
■寺島珠雄 「釜ヶ崎語彙集1972-1973」 新宿書房
■「色川武大VS阿佐田哲也」※ 河出書房新社
■野村秋介 「友よ荒野を走れ」※ 二一世紀書院
■今東光 「東光独言」※  角川書店
■大杉栄 「叛逆の精神」 平凡社ライブラリー
■「仁義なき戦い 浪漫アルバム」  徳間書店
■今東光 「極道辻説法」※ 集英社文庫
■色川武大 「唄えば天国ジャズソング」※ ちくま文庫
■色川武大 「色川武大・阿佐田哲也エッセイズ1~3」※ ちくま文庫(バラ売)
■色川武大 「小説 阿佐田哲也」※ 角川文庫
■田中小実昌 「田中小実昌エッセイコレクション1~5」※ ちくま文庫(バラ売)
■田中小実昌 「アメン父」※ 講談社文芸文庫
■深沢七郎 「盆栽老人とその周辺」※ 文春文庫
■殿山泰司 「三文役者のニッポン日記」※ ちくま文庫
■竹中労 「聞書 アラカン一代」※ 徳間文庫
■中上健次 「異族」 小学館文庫
■笠原和夫 「破滅の美学」※ ちくま文庫
■笠原和夫 「妖しの民と生まれて」※ ちくま文庫
■浅田次郎 「極道界」※  イースト文庫
■百瀬博教 「不良日記」※ 幻冬舎文庫
■コリン・ウィルソン 「アウトサイダー」 集英社文庫

ほか全86冊

141113_015801

141113_021221

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2015年3月 »