« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

みちくさ市・古本フリマ開催中止

本日9月16日、延期開催予定だった「みちくさ市・古本フリマ」は台風18号による雨のため、残念ながら中止となりました。

これから天気はかなり荒れそうですので、みなさまどうかお気をつけください。

次回開催は11月になります。またお会いできるのを楽しみにしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第22回「 鬼子母神通り みちくさ市」出品本の紹介

台風18号が近づいているため明日開催予定の「みちくさ市」古本フリマは微妙な状況となっています。雨の場合翌16日(祝・月)に順延となりますが、この日も台風の影響により微妙です。(16日も雨の場合には中止)
開催につきましては「みちくさ市」ブログにて午前8:00に発表されることになって
おりますので、必ずご確認ください。こちら→ http://kmstreet.exblog.jp/

<ときみち屋>は、「キク薬局ガレージ」に出店予定です。
出店場所、参加者紹介はこちら→ http://kmstreet.exblog.jp/18468637/#18468637_1

では、出品本の一部紹介です。

【ミニ特集】THE MISHIMA(三島由紀夫)

■田坂昂 増補 三島由紀夫論         風濤社
■野口武彦     三島由紀夫と北一輝     福村出版
■丹生谷貴志 三島由紀夫とフーコー     青土社
■田中美代子 三島由紀夫 神の影法師   新潮社
■三島由紀夫 アポロの杯            新潮文庫
■三島由紀夫 裸体と衣裳            新潮文庫
■三島由紀夫 椿説弓張月            中公文庫
■三島由紀夫 対談集 源泉の感情           河出文庫
■中村光夫・三島由紀夫 対談・人間と文学 講談社文芸文庫
■徳岡孝夫/ドナルド・キーン
      悼友紀行―三島由紀夫の作品風土         中公文庫
■小室直樹 三島由紀夫と「天皇」               天山文庫
■ユルスナール 三島由紀夫あるいは空虚のヴィジョン  河出文庫

ほか全42冊

【単行本ほか】

■鶴見俊輔          不逞老人                河出書房新社
■川本三郎          小説家たちの休日           文藝春秋
■マイク・モラスキー 戦後日本のジャズ文化    青土社
■ジョー・ブスケ     傷と出来事             河出書房新社
■ロラン・バルト     恋愛のディスクール・断章 みすず書房
■モーリス・パンゲ  テクストとしての日本        筑摩書房
■池澤夏樹編      短編コレクションⅠ          河出書房新社
■ユリイカ  特集ヌーヴェル・バーグ30年     青土社
ほか     

【文庫本ほか】

■木山捷平     鳴るは風鈴               講談社文芸文庫
■藤枝静男     愛国者たち               講談社文芸文庫
■野口富士男  しあわせ かくてありけり    講談社文芸文庫
■澤田謙        プリューターク英雄伝         講談社文芸文庫庫
■ディキンスン 生ける屍              ちくま文庫
■多田道太郎  転々小説論             講談社文芸文庫
■鷲田清一     京都の平熱             講談社学術文庫
■内堀弘        ボン書店の幻         ちくま文
■加藤周一     日本文学史序説 上・下    ちくま学芸文庫
■ベンヤミン  ベンヤミンコレクション2    ちくま学芸文庫
■ホレーニア   白羊宮の火星          福武文庫
■松下竜一     狼煙を見よ              現代教養文庫
■鹿島茂        悪の引用句辞典       中公新書
■竹内正浩 地図と愉しむ東京歴史散歩   中公新書

ほか多数

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「鬼子母神通り みちくさ市」

前回7月開催のご報告もできないまま9月開催を迎えることとなりお恥ずかしい次第です。
7月は猛暑の炎天下の中、多くの方々にお越しいただきほんとうにありどうございました。
長谷川さん、(E)さん、Mさん・かんざきさんご夫妻、仁平さん、Sさん、大学生のMさんはじめお馴染みの皆様のご来店、お買い上げは暑さをしのぐ力となりました。
また「わめぞ」のスタッフの方々にはテントを用意していただいたり差し入れを頂戴したりとお世話になりました。
おかげさまで真夏開催にも拘わらず83冊(平均単価395円)も購入いただきました。
予想を大きく上回り驚いています。

初めてお隣の出店となった岡崎武志さんには、古本に関する貴重で面白い話を数多く聞かせていただいたばかりか、いろいろと勉強させていただきました。
お客様との絶妙の会話は、真似したくとも到底無理です。
新刊『蔵書の苦しみ』(光文社新書)もあっという間に売れ切れましたし、岡崎さんお目当に訪れる方が後を絶ちませんでした。
本好きならば必読書ともいえる『蔵書の苦しみ』はすでに3刷と聞いています。これまで岡崎さんのことをご存じなかった人も大勢買っているに違いなく、裾野が拡がっているのを感じます。

さて、9月14日(土)・15日(日)と2日間開催される「第22回鬼子母神通り みちくさ市」におきまして、私ども<とみきち屋>は2日目の古本フリマに出店いたします。
場所は[キク薬局ガレージ]です。

9月14日(土)前日際 ミニ古本市+トーク
9月15日(日)本開催 古本フリマ+トーク 11:00~16:00
※雨天順延9月16日(祝・月)
詳細はこちら→ http://kmstreet.exblog.jp/

初回から3回連続参加していました「くにたちコショコショ市」(9月28日開催)には、仕事の都合で残念ながら参加できませんので、その分も本を持っていくつもりでいます。
是非足をお運びください。

出品本の紹介は改めてさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »