« 「第2回くにたちコショコショ市」出品本紹介 | トップページ | 「第2回くにたちコショコショ市」エピソード(2) »

「第2回くにたちコショコショ市」エピソード(1)

第2回くにたちコショコショ市」楽しく終えることができました。実行委員のゆず虎嘯さん、国立本店さん、そして店主のみなさん、お疲れさまでした。
足をお運びいただいたお客様、ありがとうございます。

201111271035000

場所決めのくじを引いたら「1番」。甲州街道沿いの駐車場スペースとは離れた路地の奥左端。石畳の上はせんべい缶を積む<とみきち屋>にはやや辛い。でも荷物が多いので端はありがたい。この後驚くべきことが。お隣にやまがら文庫。そこから旅猫雑貨店、岡崎武志堂、junglebooks、モンガ堂と続くことに。くじ引きとはいえ、これはなんだ(笑)という濃いメンバーが並ぶ。でも、こんな形で出店できるなんて、一箱、みちくさではあり得ないので楽しみ倍増。
岡崎武志さん をお目当てに来る方が大勢いらっしゃるから、ラッキー!とにんまり。

201111271104000

最初のお客様はなんと駄々猫さん!純粋に客として行きますよ~と聞いていたが一番乗りとは。午前様続きで寝不足なのに、当日パッと目が覚めてしまったとか。駄々猫さんが来るならと、鶴見俊輔とシオランの本を持って来ていた。よかったよかった。値段も確認せずに鶴見俊輔『悼詞』(SURE)を差し出される。「いくらでも買います」なんて格好いい!
「自分はやっぱり読む側のポジション」と云う駄々猫さん。そうかもしれないなあと思う。私もこの3年、古本市で売る楽しさにずっぽりはまってはいるけれど、どちらかと云えば買って読む方が性に合っている気がする。

その駄々猫さん、岡崎さんのところで引いた古本おみくじは「凶」。このところ「凶」か「エロ」しか出ないみたいだ。
やまがらさん、モンガさんの代わりに店番したり、他の店主さんとの会話を楽しんで過ごしていた駄々猫さん。午後になって、う~ん、どうして「大吉」が出ないんだと悔しがる。
すると岡崎さんが、「なら残り全部一括で買(こ)うて。大吉出るよ~(笑)」
「そんなの無理」
そこで私が、「駄々猫伝説つくれるよ」とプッシュ。
「カード払いできますか(笑)」と切り返す駄々猫さん。
岡崎さんがいるだけで雰囲気ががらっと変わりますねえ。
今回は久しぶりに映画関連の本を岡崎さんに買っていただいたばかりか、地元のお知り合いの方を「ここはいいもの安いですよ」と<とみきち屋>にご案内いただいて。
知人の方には立川談志『世間はやかん』を購入いただく。なんと岡崎さんにはスリップまで抜いていただいてしまった(汗)

「一箱でどんな本がどうやったら売れるか書いてよ」と岡崎さんにリクエストされる。
海千山千の岡崎さんの参考になるようなことがあるはずないので、
「とんでもないです。秘訣があるわけでもありませんし」と動じてしまう(汗)
せいぜい私も含めた素人の方のちょっとしたヒントになりそうな、あくまで自分が感じる傾向くらいしか書けません。

「春の一箱」どしゃぶりの雨が降った2日目。お身体の調子がほんとうにつらそうだった岡崎さんを見ているだけに、こうしてまた古本市に出て来られる岡崎さんにお目にかかれるのは嬉しいものです。

お隣の<やまがら文庫>さん、大勢の方が箱をご覧になったばかりでなく、最後には駆け込みで買いに来られるお客様がいらして、数冊しか残らない人気。厳選された品揃えはさすがだなあと思うことしきり。中学生の女の子も購入していました。

<旅猫雑貨店>さん。ブログで拝見する魅力あふれる品々の、きめ細かで、写真を駆使された美しい紹介はすごいです。今回,古い石鹸の缶をさりげなく使ったレイアウトなども含め、やはりプロの方は一味もふた味も違う店構えとため息がでました。

会場にお見えになった<じんた堂>さんと、初めてゆっくりお話できた。深川の催し、<しまぶっく>さんのことなどいろいろ聞かせていただく。
じんたさんには大島洋『アジェのパリ』(みすず書房)を購入いただく。ウジェーヌ・アジェの写真がお好きだと聞いて嬉しかったな。私も以前妻と一緒に東京都写真美術館で開催されたアジェ展に足を運んだこともあり、アジェノのファン。
じんたさんと話している時に、男子中学生が箱の前にしゃがみこむ。
じんたさんも私も目が釘付け。まず『二・二六事件』(河出文庫)を手に取る。次に半藤一利『昭和史』(平凡社ライブラリー)。歴史好きなんだろうけれど、二・二六にはびっくり。しばらく箱を眺めてから最後にA.A.フェア『猫は夜中に散歩する』(ハヤカワ・ミステリ文庫)。ミステリでタイトルが気になったのかな。結局購入してもらえなかったが、中学生が熱心に本を手に取っている姿に和みました。

おや、朝霞書林さん。まさに神出鬼没ですね。失礼、その行動力には脱帽です。
本を求めていったいどれでけ歩かれているのか想像もつかない。装備も万全。これを風太郎さんに見せたくて」と、バックから本を出される。
後藤明生『挟み撃ち』初版帯付美本。本のタイトルが記されているサイン本。次に充実した特集の月刊アサヒ。田村書店の道端に設置された無料箱から入手されたとか。
某ブックオフで良質の思想、哲学本が次々と105円棚に移されてゆくのをまめに購入されている話は耳に毒(笑)。
美味しい飴の差し入れもいただき、ありがとうございました。

一箱古本市出店者としては他に追随を許さない、全国区のドンベーブックスさんご夫妻もいらした。
「第1回くにたちコショコショ市」には参加されていたので、今回出店なしは寂しい。

からだよりも大きいのではないかと思われるトランクを持って来られた<文庫善哉>さん。いつもの本の間隔をあけて並べるオシャレな本棚にはいい本たくさん。でも、当日の出しもの、阿波踊りには目がないらしく、太鼓入りの踊りが始まると店主不在になってましたね(笑)
うちの箱の中にピピッっときた本があったとのことで、午後遅めまで売れないよう念を送っていただいたようです。2冊とも<文庫善哉>さんの手に渡りました。本も喜んでいると思います。

<どすこいフェスティバル女子部>のお二人はトレードマークの着物姿。花を添えてくれます。きょうこさんには太宰関連の本を購入いただきました。

まだまだ書きとめておきたいことがあります。
次回は常連のお客様を中心に。

|

« 「第2回くにたちコショコショ市」出品本紹介 | トップページ | 「第2回くにたちコショコショ市」エピソード(2) »

コメント

お客として目一杯楽しめたコショコショ市でした。
楽しい会話もありがとうございました。
「いくらでも~」は、とみきち屋さんの値付けを信頼しているからこその発言です。
出店者としてもですが、お客として3年近く、様々な古本市で多くの箱を見てきて、自分なりの拘りを持つようになり、かなり我儘な買い方になってきました(笑)
「鶴見さん」や「猫」その他で狙い撃ちされるのも楽しみです。
古本おみくじの大吉、諦めていません~いつかきっと!(店ごと買いも?)

投稿: 駄々猫 | 2011年12月 1日 (木曜日) 01:26

駄々猫さん

こちらこそ楽しい時間をありがとうございました。岡崎さんがおっしゃっていたように、当日の「くにコショ市」ではいろいろな意味で心強いサポーターでしたね。

お客様として一番最初に購入いただけるなんて、これからもあるとはそうそう思えないので、とても嬉しかったです。

駄々猫さんの拘りは我儘には思えませんよ~。自分と本の関係を、本への思いをしっかり表現されている姿勢に思えます。
だから、私も店主として向き合えるのが楽しい。

古本おみくじで「大吉」引けるよう祈ってますね。
店ごと買い(笑)は、岡崎さんのファンに恨まれるからやめておいた方がいいかもしれませんね(笑)
また会えるのを楽しみにしています。

投稿: 風太郎 | 2011年12月 1日 (木曜日) 15:19

こんばんは、朝霞書林です。例のぶで12/10・11にセールがあり、10日は文庫・新書。11日は単行本。朝霞は、10日に勝負を賭け、平凡社ライブラリーを手中に収めましたが、岩波現代ライブラリイの山口昌男関連の5冊は掠め取られました。11日では、哲学関連書の1000円以上には「42」のシールを貼り、セール対象外とする奇策を駆使してきたので、そっくり残ったままです。『サルトル論』レヴィや大森荘蔵(東京大学出版会)の函入りも二冊ありますわ。お知らせまで。

投稿: 朝霞書林 | 2011年12月20日 (火曜日) 18:15

朝霞書林さん

いつもながらいい本を購入されていますね。
哲学・思想関連には目がないので、ため息が出ます。

私が通う地元ブックオフ、以前ほど「これが!」と思える本に出会う回数はかなり減りました。
でも、本のある場所にいるのが好きなので、仕事帰りには息抜き兼ねて毎日のように足を運んでいます。
またお会いできる日を楽しみにしています。

投稿: 風太郎 | 2012年3月15日 (木曜日) 15:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1132277/43176222

この記事へのトラックバック一覧です: 「第2回くにたちコショコショ市」エピソード(1):

« 「第2回くにたちコショコショ市」出品本紹介 | トップページ | 「第2回くにたちコショコショ市」エピソード(2) »