« 黒岩比佐子さん一周忌 「語り継ぐ 黒岩比佐子の会」のこと | トップページ | 「みちくさ市」御礼&「くにたちコショコショ市」 »

「第13回 鬼子母神通り みちくさ市」出品本紹介

「第13回 鬼子母神通り みちくさ市」出品本紹介

明日11月21日(日)11:00~16:00開催予定の「第13回 鬼子母神通り みちくさ市」において、名取ふとん店前に<とみきち屋>は出店します。
雨で中止の場合、11月23日(水・祝日)に順延となります。
明日午前7:50に開催か否かが決まりますので、出店場所、出店者も含め詳しくは「みちくさ市」公式ブログをご覧ください。
こちら→ http://kmstreet.exblog.jp/

20日19:00現在、激しい風雨となっていますが、予報では明日は回復しそうです。
開催の折には、ぜひみなさま足をお運びください。

では、出品本の紹介です。

〔特集 須賀敦子〕

河出文庫の須賀敦子全集は全8巻揃えました。(バラ売りです)
『考える人 特集 書かれなかった須賀敦子の本』(新潮社)ほか関連本も含め全17冊出品します。

201111191249000

〔単行本〕

■四方田犬彦編『ザ・グレーテスト・ヒッツ・オブ平岡正明』(芳賀書店)
■松下竜一『未刊行著作集2 出会いの風』(海鳥社)
■高橋康成『ノンセンス大全』(晶文社)
■森内俊雄『幼き者は驢馬に乗って』(文藝春秋)
■立岩真也『人間の条件 そんなものない』(理想社)
■ウルリッヒ・ベック『<私>だけの神』(岩波書店)
■アドルノ『アドルノ 音楽・メディア論集』(平凡社) ほか

201111191305000

〔文庫本ほか〕

■団鬼六『花と狼』(桃園文庫)
■渡辺京二『神風連とその時代』(洋泉社新書)
■しまね・きよし『転向―明治維新と幕臣』(三一新書)
■牧野伸顕『回顧録 上・下』(中公文庫)
■酒井三郎『昭和研究会』(中公文庫)
■内村剛介『生き急ぐ スターリン獄の日本人』(講談社文芸文庫)
■三好達治『月の十日』(講談社文芸文庫)
■小池寿子『死を見つめる美術史』(ちくま学芸文庫)
■カール・ポランニー『経済と文明』(ちくま学芸文庫)
■大塚康生『ジープが町にやってきた』(平凡社ライブラリー) ほか

201111191601000_2

今回はかなり雑多な品揃えになりました。これまでの<とみきち屋>とは少々テイストの違うものもあります(笑)

今年最後の<みちくさ市>ですので150円~300円の本も多めに出します。
いつの間にか、ダイニングルームには段ボール箱が積みあがってしまい、妻・とみきちの厳しい「指導」いや「警告」はが入っていますので、たくさん持ち帰るわけにはいきません。
14:00以降は一部の本を除き、徐々に値下げしていきますので、どうかご協力のほどお願いいたします。

|

« 黒岩比佐子さん一周忌 「語り継ぐ 黒岩比佐子の会」のこと | トップページ | 「みちくさ市」御礼&「くにたちコショコショ市」 »

コメント

風太郎さん、
( ^ω^)おっおっおっ
今、僕のブログにちょいと紹介したら今日は21日ではなくて20日の日曜日でした(笑)。
間違って明日、出かける人はいないとは思うけれど、念のため報告。
今日はしっかりと楽しく頑張って下さい。sun

投稿: kuriyamakouji | 2011年11月20日 (日曜日) 09:22

葉っぱさん

いつもご支援いただきありがとうございます!
みちくさ市当日は天気に恵まれ、多くの方々との交流があり、本もたくさん引き取ってもらえ、良い一日でした。

この冬は厳しい寒さが襲って来ると聞いています。
おからだ大切になさってください。

投稿: 風太郎 | 2011年11月22日 (火曜日) 02:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1132277/43071019

この記事へのトラックバック一覧です: 「第13回 鬼子母神通り みちくさ市」出品本紹介:

« 黒岩比佐子さん一周忌 「語り継ぐ 黒岩比佐子の会」のこと | トップページ | 「みちくさ市」御礼&「くにたちコショコショ市」 »