« 2011年4月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年5月

谷中よみせ通り「わくわく大感謝祭」で一箱古本市に出店

「春の一箱」参加前に申し上げましたように、<とみきち屋>として出店する際には、「変わらずにいたい」という気持ちは今も同じです。そうは云っても、3.11後に変わらずにいるには正直かなり難しいものがあります。
実際、様々な情報をチェックし続けては激しい憤りを覚え、今もって変わらぬ悲惨な状況を知れば滅入ってしまいます。
しかし、天、海、大地に毒矢で穴を穿ってしまったことに、自分自身全く責任はなかったかと問えば、「否」とは言い切れず、複雑な思いにも駆られます。

何とも不安定な状態ではありますが、<とみきち屋>は、谷中よみせ通り「わくわく大感謝祭」一箱古本市に参加します。
昨春売上げ受賞は対象外で声がかからず、助っ人組の一人として共同箱に30冊ほど出品しました。今年はお誘いいただけましたので、<とみきち屋>として二日開催の初日、5月21日(土)に出店いたします。

5月21日(土)、22日(日)10:00~16:00頃までの二日間開催
しのばずくん便り→ http://sbs.yanesen.org/archives/2067
「わくわく大感謝祭」→ http://yomisedo-ri.com/index.html

多くの人で賑わうことは確実ですが、古本市がメインの催しではありませんので、ほんとうならごく普通の本で埋めるのが妥当なのでしょうが、そうはしません。
大半が残ることを覚悟しながら、それでも<とみきち屋>色を打ち出せる本を選びました。
佐野洋子、荒川洋治、五味康祐(音楽本)は、誰に頼まれたわけでもありませんが懲りずに出します。思想、哲学書も同様に。

<とみきち屋>でよく本を購入いただくお馴染みの方がお見えにならないとは限りませんので、それなりの格好はつけたいと思います。
お越し頂けたら嬉しいです。

出品本の一部は以下の写真をご覧下さい。

201105200153000

201105200158000

201105200206000

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「第10回 鬼子母神通り みちくさ市」御礼

昨夜は仕事を終え11時半頃帰宅。遅い夕食をとり、午前1時にはダウン。10日間で一箱古本市、同打ち上げ、みちくさ市は、普段極めて出不精の私には過酷なスケジュール。案の定、みちくさ市終了2日後にどっと疲れが出てしまいました。

遅くなりました。
「第10回みちくさ市」お越しいただいた多くのお客様に心より感謝申し上げます。
また、<わめぞ>のスタッフ、商店街の方々、場所を提供くださった大家さん。ありがとうございました。ただこの身を運ぶだけで、一日楽しく過ごさせていただける喜びを噛みしめました。
特に今回は東北大震災により、3月開催が中止になりましたので、「ああ、みちくさ市だなあ」という気持ちが今まで以上に湧いてきました。
<古書現世>向井さんの願いともいえた「3.11を越えてなお変わらないもの。そういうの、見つけたい」。
私も会場のいたるところで見つけることができ、嬉しく思いました。

一箱には特別なご事情でお見えにならなかったHさんに会えました、おなじみのdozoさん、jindongさん、Yさん、(もう一人の)Hさん、つん堂さん、この春高校を卒業された、<とみきち屋>最年少のお得意様。
ほぼ一年ぶりにお越しいただいたM・Yさん(女性)。
名前は存じ上げませんが、何度も<とみきち屋>にお出でいただいている方々。
高校の友人Aも遠いところ、わざわざ足を運んでくれました。

一箱関連イベントの連続で、とうに疲労のピークを超えているはずなのに、来てくださったナンダロウ(南陀楼綾繁)さん。その誰も及ばぬ情熱には感服し、さまざまな恩恵に与り感謝しておりますが、5月15日盛岡での出版ワークショップまでの間に、どうか少しでもおからだ休めてください。
一箱では有名なドンベーブックスさんご夫妻もお顔を見せてくれました。

出店されていた北方人さん、モンガさん、ゆず虎嘯さん、文庫善哉さん、朝霞書林さん、駄々猫さん、どすこいフェスティバルの皆さん、くしゃまんべさん。
御大岡崎武志さん、工作舎のIさん、暢気文庫さん、古書、雰囲気のSさん。
日頃は毒舌炸裂ですが、実際話してみるととてもキュートで、愛妻家の塩山さん。
久しぶりに会えたPippoさん、晩鮭亭さん。
Pippoさんは詩冊子「ぼん・くらーじゅ」で獅子奮迅の活躍中。
→ http://blog.livedoor.jp/pipponpippon/archives/51679126.html

友人を除き、すべて古本市を通じて知り合った方々です。
一言二言言葉を交わすだけで、いえ、お顔を拝見するだけでもほっとします。
あの未曾有の震災後、今なお原発が大きな影を落としている最中、こと本への関わり方においては、今までと変わらぬ皆さんの気持ちに触れることができ、参加してよかったなと心から思います。

残念なのは<書肆紅屋>さんのお姿がなかったこと。
いろいろなご事情を抱えていらっしゃるのではないかと推察していますが、<書肆紅屋>さんは「みちくさ市」の華ともいえる存在。
いつかまた戻って来られるのを心待ちしています。

「特集戦争」は52冊用意しながら案の定、17冊という結果で多くを持ち帰りました。一箱直後のうすい品揃えにも拘わらず、最終的に109冊の本を引き取っていただきました。感謝にたえません。

4月30日に出店した「一箱古本市」のエピソード集もまだ手つかずの状態のため、「みちくさ市」の番は当分後になりそうですが、書き残しておきたいと思っています。

古本市とは関係ありませんが、先日団鬼六さんが逝去されました。
父が鬼六さんの作品に何度も挿絵を描かせていただき、記憶にはないのですが小さい頃、団さんのお宅に伺ったこともあります。
また、父のところ(私の実家)にも飲みに来て、その時のことは朧気ながら憶えています。
こども心にやさしい方だなという印象が残っています。
重い病で闘病されていたので、団さんに長年お付き合いいただいた父も、ここ数年はお会いできず心残りではなかったかと思います。

団さんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「第10回 鬼子母神通り みちくさ市」出品本の紹介

<とみきち屋>は明日5月8日(日)、 「第10回 鬼子母神通り みちくさ市」に出店いたします。場所は旧「花結び」となり 個人宅ガレージです。

みちくさ市公式ブログ→ http://kmstreet.exblog.jp/
出店場所と出店者→ http://kmstreet.exblog.jp/10645800/

当初3月20日に催される予定でしたが、直前に東北大震災が発生。延期となりました。
今回の経緯および「みちくさ市」への思いを、古書現世の向井さんが綴っています。
→ http://d.hatena.ne.jp/sedoro/20110506
「3.11を越えてなお変わらないもの。そういうの、見つけたい」。この気持ちにはいたく共感します。

4月30日に「第12回 不忍ブックストリート一箱古本市」に参加。一年振りの出店ということもあってかなりウェイトをかけてしまいました。
よって、品揃えに多少出がらし感があるのは否めません。
それでも、多くの方に喜んでいただけるよう、全体の9割近くは「一箱古本市」と違う本を揃えました。300円以下の本が多くなります。
また、<とみきち屋>ってこんな本・雑誌も出すの?と思われるものも混じっています。

それでは出品本の紹介です。

〔 特集 戦争 〕
年初から次に出る「みちくさ市」はこれと決めていました。

■鶴見俊輔・小熊英二・上野千鶴子『戦争が遺したもの』(新曜社)
■加藤陽子『それでも日本人は「戦争」を選んだ』(朝日出版社)
■大岡昇平『戦争と文学と』(中央公論社)
■安岡章太郎『戦争と青春』(潮出版社)
■神坂次郎『今日われ生きてあり』(新潮文庫)
■石原吉郎『望郷と海』(ちくま学芸文庫)
■若桑みどり『戦争がつくる女性像』(ちくま学芸文庫)
■島尾敏雄・吉田満『特攻体験と戦後』(中公文庫)
■岩川隆『神を信ぜず BC級戦犯の墓碑銘』(中公文庫)
■大岡昇平『戦争』(朝日文庫)
■荒井信一『戦争責任論』(朝日文庫)
■加東大介『南の島に雪が降る』(知恵の森文庫)
■姜尚中・森達也『戦争の世紀を超えて』(集英社文庫)
■佐藤卓己『八月一五日の神話』(ちくま新書)
■武田徹『戦争報道』(ちくま新書)
■高田万里子『学歴・階級・軍隊』(中公新書) ほか全52冊

201105071508000

一番のお薦めは神坂次郎『今日われ生きてあり』(新潮文庫)。私は25年前に単行本で読んで以来20回は読んでいます。何度か話題にもなり既に多くの方が読んでいらっしゃると思いますが、まだという方は是非読んでみてください。
次に山田太一編『生きるかなしみ』(ちくま文庫)の中に収められている杉山龍丸「ふたつの悲しみ」。わずか7ページの文章の中に、戦争の本質が凝縮されていて心を揺さぶられます。
以前ブログでとりあげました→ 
http://ramble-in-books.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-c402.html

〔単行本〕

201105072342000

〔文庫本ほか〕

201105072351000

以上紹介させていただいたのは出品本の一部です。
皆様のお越しをお待ちしております。

●第10回 鬼子母神通り みちくさ市

2011年5月8日(日)11:00頃?16:00
雨天の場合、15日(日)に順延(この日が雨の場合は中止)
当日8:00に天候による開催の有無を決定します
▼当ブログの他に、以下で開催の有無を確認できます。
・みちくさ市携帯サイト http://mblog.excite.co.jp/user/kmstreet/
・わめぞブログ http://d.hatena.ne.jp/wamezo/
・みちくさ市本部 携帯電話:090-1766-2008(開催当日のみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひと休み

5月3日は2011年・春「不忍ブックストリート一箱古本市」二日目を午後2時頃から2時間駆け足で廻り、夜の打ち上げに参加。普段全くアルコールを口にしないので4日は、ぐったり蟄居。連休最終日5月5日はひと休み。といっても地元の本屋めぐりで結局「本」絡み。これではひと休みと云えないか。

5日は妻が一人で実家へ。このところ二人で出かける機会が多く、8日には「みちくさ市」も控えているため、母を半日以上一人にさせるのはよくないという結論。
妻の両親とは、月一回義母の病院通いの際、送迎のどちらかを担当するので顔を合わせている。
義母は昨秋私の母と同じ病院に一緒に入院。がんの手術を受けてから7ヶ月が経つ。抗ガン剤治療は受けていない。義父も黄斑変性症のためほとんど目が見えないので心配の種は尽きない。

地元馴染みの古書店の近くまで車に同乗し、そこから妻とは別行動。
みかん箱一箱分の本を持ち込む。古本市向きとは云えぬ、みすず書房ほかの精神医学や哲学関連の大判本はすでに用意して置いた。そこに、春の一箱で引き取り手のなかった本の中から文庫を中心に20冊ほど選んで加える。6000円くらいと思っていたら9000円。これは買わねばならんと店内を丹念に見る。

■香月康男(画)・香月婦美子(文)『夫の右手 香月康男に寄り添って』(求龍堂)

つい最近ブックオフで立花隆『シベリア鎮魂歌-香月康男の世界』(文藝春秋)を購入したばかり。
こういう流れになっているのかな。
『夫の右手』はかつて図書館で妻が借りてきたが家にはないので迷わず手にとった。

この本に関しては妻がブログに書いていますので興味のある方はよかったら。
http://yomuyomu.tea-nifty.com/dokushononiwa/2007/10/post_656a.html#more

■W.スタイロン『見える暗闇』(新潮社)

もともと寡作な作家。『ナット・ターナーの告白』、『ソフィーの選択』は読んでいたがこの本は知らなかった。著者自身のうつ経験を下敷きに書き上げたようだ。ぱらぱらと読んでみたところ、ぐいぐいと引きこまれる。危ない。全編読み通すのはもう少し時間をおいてからにしよう。
「みちくさ市」で『ソフィーの選択』新潮文庫版を出品するつもりで箱に入れてあったので、不思議な巡り逢わせを感じる。

■『情況 緊急特集『実録・連合赤軍』をめぐって』(2008年6月号・情況出版)

若松孝二監督、映画『実録・連合赤軍』の特集。監督自身の鼎談も掲載されているので購入。

■『現代思想 特集アナーキズム』(2004年5月号・青土社)

平井玄「アナーキズム新論」が面白そうなので。

外の均一台へ。

■ポール・ニザン『アデン・アラビア』(角川文庫) 100円

晶文社版は残してあるが、角川文庫は初めてだ。訳者が違うのであのあまりにも有名な出だしも微妙に違う。

■モーム『作家の手帳』(新潮文庫) 100円

モームは若い頃かなりまとめて読んだはずなのにこれは抜けていた。

再び店内へ。
思わず「えっ!?」。危うく見逃すところだった。学生時代に単行本で読んだが、例によって生活費の足しにと処分した中に入れた1冊。この一年ほど再読したくなって探していたがなかなか見つけられなかった。
しっかり古書価がついているものの、良心的。読み終えて手放してもいいと思えたら、「一箱に出せばいいか」などと思って購入。

■イエール・コジンスキー『異端の鳥』(角川文庫)

大満足で新刊書店に向かう。

■文藝別冊『佐野洋子追悼総特集 100万回だってよみがえる』(河出書房新社)

先日買いに行くも既に品切れ。佐野さんの人気が一向に衰えていないことを実感し嬉しくなる。
ようやく入手できた。息子の広瀬弦と元夫・谷川俊太郎の特別対談は、所々「へえ~」とは思ったもののインパクトに欠けた。まあ、当然ではあろうが母・佐野洋子の器は大き過ぎる。
それでも、盛り沢山の内容。佐野洋子ファンならずっと手元に置いておきたくなるMOOKに仕上がっている。

■仲正昌樹『改訂版 <学問>の取扱説明書』(作品社)

学生との対話という形をとっていて語り口はいつも以上に平易だが、内容は充実しており、初版は十分楽しめた。改訂版はマイケル・サンデル、『超訳ニーチ』、裁判員裁判制度などについて新たに言及しているとのことなので買ってしまう。

その後スーパーで買い物をして、帰路にあるブックオフをのぞく。

■岡本太郎(撮影・文)・内藤正敏(プリント)『岡本太郎 神秘』(二玄社)
曰く言い難い写真集。異界へ引きずり込まれそうになる。
■ 『連合赤軍 "狼"たちの時代―1965-1979』(毎日新聞社)
ふんだんに盛り込まれた写真が当時の様子をリアルに伝えてくれる。

以上雑誌半額セール対象だったので定価の4分の1で購入できた。

■植田正治・鷲田清一『まなざしの記憶』(阪急コミュニケーションズ) 105円
この本の中に流れている時間はとっても心地よい。言葉がやわらかく寄り添ってくる。

こういうものを買えた時は本の重さがこたえない。

夜は母と二人で食事。食後に薬を飲ませてからしばしお喋り。
一箱古本市帰りの本、みちくさ市に出そうか迷っている本、未整理本などが積んである小さな山に母が手を伸ばす。
古井由吉、洲之内徹、木山捷平などがどんなものを書いているかを簡単に説明する。
突然『小林秀雄対話集』(講談社文芸文庫)を手にとって頁をめくり始める。
「この坂口というのは安吾のこと?」
「そうだよ」
しばらく黙って読んでいる。
安吾が「教祖の文学」を書いた後の有名な対談だ。
そのうち<ふ~ん>とか<ふふふ>という声。
「梅原龍三郎が(安吾に)けなされてるねえ」と小さく笑っている。

その後三島由紀夫との対談を少し読んで元に戻す。
小林秀雄は好みでないようだが、この対談集は気に入った様子。
(翌日どこかに消えたと思ったらベッドで本格的に読み始めていた)

夜10時に寝る前の消炎鎮痛剤、睡眠導入剤を飲みあとは眠くなるのを待つのみ。
私は自室に戻り小出弘章氏の発言に耳を傾ける。
http://hiroakikoide.wordpress.com/

原発問題は鎮静化するどころか、日々形を変え拡がっているようにすら思える。

次回は5月8日(日)開催「みちくさ市」(http://kmstreet.exblog.jp/)出品本の一部を紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年・春 不忍ブックストリート「第12回一箱古本市」御礼

昨日は実行委員はじめスタッフ、助っ人の方々、大家さんの大きな支えのもと、<とみきち屋>無事出店を終えることができ、御礼申し上げます。
根津教会を担当くださった実行委員のNさん、助っ人のお二人のKさん、Sさん、NEGIさん、高崎経済大学のOさん、いろいろとありがとうございました。
昨年は助っ人として微力ながらお手伝いさせていただいたものの、今回は何一つお役に立てませんせんでした。

また、お越しいただき本を購入いただいた多くのお客様、ありがとうございました。

根津教会には、東北大震災プロジェクトの一環として「いわきマルシェ」がオープンしていました。駒込大観音・光源寺が中心となって動いていらっしゃいます。この活動についてはブログ「かんからかんのかあん」で紹介されています。
→ http://kankarakan.jugem.jp/?eid=1054

いわきにある「旅館こいと」( http://koito-inn.co.jp/ )の女将とは妻が仕事で親しくさせていただいており、「古書ほうろう」さんからもご丁寧な連絡をいただきました。
いわきには未だに自衛隊しか行かないような被災地があったりして、厳しい状況と聞きました。
(もちろん、今なお過酷なのはいわきだけではありません)、

直接何かできるわけではありませんが、いわきとの新たなパイプがつながる一助となれればと思っております。

教会前ということもあり、讃美歌やオルガンの音が響き、大震災のことや亡くなられた黒岩さんのことなどが浮かび、「いつくしみ深き」が流れた時には思わずじ~んと来てしまいました。

根津教会近辺にはコンビニがないことを知らず昼ご飯を買わなかったため、「どうしようか」ということを話しているのを聞いていらっしゃった当店の馴染みのお客様でもあるdozoさんには、一番で本をお買い上げいただいたばかりでなく、その後「根津とうふ屋須田」のお弁当の差し入れを頂戴しました。
空き地でかがみながら食べたおいなりさん、とても美味しく胸に染みました。
ありがとうございます。

11時15分頃、まず当店に来てくださったつん堂さん。今や時の人ではありますが、初めてお話させていただいた時から変わらず接してくださる。

dozoさん、つん堂さんはじめ、馴染みのお客様の中には、<とみきち屋>が何を大切にしたいかを汲み取ってくださる方がいらっしゃると思え、ほっとします。

顔見知りの実行委員や助っ人の方々にも多くいらっしゃいます。
「今回は何もできず…」と言いかけると「いやいや、できる時、余裕のある時でかまわないんですよ」と。
頭が下がります。

つん堂さんが早速4月30日のレポートを書いてくれました。
→ http://d.hatena.ne.jp/tundow/20110501/1304203927

201年・春 不忍ブックストリート「第12回一箱古本市」2日目は5月3日開催です。

公式HP http://sbs.yanesen.org/

いつものエピソード集はあらためて書いていくつもりでいます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年9月 »