« 2011年春「第12回一箱古本市」出品本の紹介(1) | トップページ | 2011年・春 不忍ブックストリート「第12回一箱古本市」御礼 »

2011年春「第12回一箱古本市」出品本の紹介(2)

<とみきち屋>は明日4月30日(土)、「第12回不忍ブックストリート 一箱古本市」に出店します。場所は根津教会です。    

不忍ブックストリート 公式HP http://sbs.yanesen.org/
根津教会 http://www15.ocn.ne.jp/~nzc/

今回は昨秋用意しながら、参加できなかったため出せなかった本も加えますので、とうてい一度には展示できません。随時工夫しながら補充及び出し入れいたしますが、350円以上の本が圧倒的に多いため、そう動きがいいとも思えず、200~300円の本をまとめて出せるのは恐らく午後2時以降になるのではないかと思われます。
前半と後半では装いがガラリ一変してしまうことも考えられますので、ご諒承ください。
※いつも通り出品本一覧(店頭回覧用)は用意いたします。

それでは出品本の一部紹介その2です。

〔単行本ほか〕

■野呂邦暢『丘の火』(文藝春秋)
■荒川洋治『文学の門』(みすず書房)
■『尾形亀之助詩集』(思潮社)
■『別冊新評 深沢七郎の世界』(新評社) 
■出口 裕弘『行為と夢』(現代思潮社)
■佐野洋子『対談集 人生の基本』(講談社)
■五味康祐『オーディオ巡礼〔復刻版〕』(ステレオサウンド)
■前田英樹『映画=イマージュの秘蹟』(青土社)
■酒井健『バタイユ』(青土社)
■ジャック・ラカン『テレヴィジオン』(青土社)
■ジャン・グルニエ『人間的なものについて』(青土社) ほか

201104291246000

〔文庫本ほか〕

■木山捷平『おじいさんの綴方 河骨 立冬』(講談社文芸文庫)
■和田芳恵『暗い流れ』(講談社文芸文庫)
■川端康成『文芸時評』(講談社文芸文庫)
■林語堂『中国=文化と思想』(講談社学術文庫)
■川村二郎『銀河と地獄-幻想文学論』(講談社学術文庫)
■青江 舜二郎『狩野亨吉の生涯』(中公文庫)
■庄野潤三『ガンビア滞在記』(中公文庫)
■今東光『東光金蘭帳』〈復刻版〉(中公文庫)
■デリダ『パピエ・マシン 上・下 』(ちくま学芸文庫)
■四方田犬彦『貴種と転生』(ちくま学芸文庫)
■井上究一郎『ガリマールの家』(ちくま文庫)
■『橘外男集』(ちくま文庫)
■ブロッホ『夢遊の人々 上・下』(ちくま文庫)
■ホフマン『悪魔の霊酒 上・下』(ちくま文庫)
■アミエル『アミエルの日記』 〔全4冊〕(岩波文庫)
■久生十蘭『魔都』(朝日文庫)
■中上健次『破壊せよ、とアイラーは言った』(集英社文庫)
■ドゥルーズ『反復と差異 上・下』(河出文庫)
■パノフスキー『イデア』(平凡社ライブラリー)
■アドルノ『音楽社会学序説』(平凡社ライブラリー)
■シラー『美学藝術論集』(冨山房百科文庫)
■アラゴン『イレーヌ』(白水Uブックス)
■マンディアルグ『城の中のイギリス人』(白水Uブックス) ほか

201104291252000_2

201104291312000

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

|

« 2011年春「第12回一箱古本市」出品本の紹介(1) | トップページ | 2011年・春 不忍ブックストリート「第12回一箱古本市」御礼 »

コメント

うわ、また濃いラインナップですね。今年もいの一番に向かいますのでよろしくお願いします。

投稿: つん堂 | 2011年4月29日 (金曜日) 13:48

栄養のバランスを著しく欠いたごった煮のようで、一度には並べられない分を補充用の段ボール箱に詰めながら、自分でも食傷してしまいました。
妻に云わせれば「発酵している」とか。

ご来店お待ちしています。

投稿: 風太郎 | 2011年4月30日 (土曜日) 01:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1132277/39797074

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年春「第12回一箱古本市」出品本の紹介(2):

» ご迷惑でしたらお手数ですが削除してください。/中古本通販 [中古本通販で節約でしょう]
ごめんなさい。間違えてトラックバックしちゃたかもしれません。あなたのサイトの片隅にちょこっとだけリンクさせていただければ幸いです。ありがとうございます。ご迷惑でしたらお手数ですが削除してください。... [続きを読む]

受信: 2011年5月 5日 (木曜日) 13:59

« 2011年春「第12回一箱古本市」出品本の紹介(1) | トップページ | 2011年・春 不忍ブックストリート「第12回一箱古本市」御礼 »