« 「第9回 鬼子母神通り みちくさ市」 回顧(1) | トップページ | 「くにたちコショコショ市」出品本の紹介 »

「くにたちコショコショ市」のご案内

1月16日(日) 11:00~16:00頃まで、国立市の旭通り沿いにあるコミュニティセンター「レディース・スポット」(野外イベントスペース)にて開催される「くにたちコショコショ市」に<とみきち屋>も参加します。
「一箱古本市」「みちくさ市」以外の古本市に出るのは今回が初めてです。
ある方の紹介後、顔見知りでもある「ゆず虎嘯」さんから丁寧なご案内をいただき、その趣旨に共感し出店を決めました。
さらに、国立は私たちにとって思いで深い場所であることが魅力でもありました。

妻のとみきちは小学校1年から高校3年まで国立に住んでいました。小・中は地元の学校に通っています。
私は高校現役時からOBになっても母校と、国立高校、桐朋高校の3校によるバレーボールの競技会に参加していましたので、国立は馴染みのある場所です。
また、結婚前はよく妻とも過ごしたところでもあります。とりわけ旭通り沿いにあった、今はなき「ロフトハウス」がお気に入りの店で。もちろん「ロージナ茶房」や「邪宗門」(2008年末閉店)にも幾度となく足を運びました。

そして「ゆず虎嘯」さんから、

開催場所近くに「ニチニチ」さんという飲食店があり、毎月第3日曜日に「日曜市」を開催しています。ニチニチ日曜市:http://www.tosakanmuri.com/nichinichi.html
この日曜市は結構評判で、開催時間前から人が並んでいます。(古本も1店出店されています。)

という情報をいただいことも後押しになりました。

この「ニチニチ」さんは料理研究家・高山なおみさん(http://www.fukuu.com/)がかつてシェフをされていた「諸国空想料理店KuuKuu」のスタッフの方が開いたお店ではないかと思います。
(昔妻が「ニチニチ」さんへ行った時、高山さんのお姿を見かけたのでたぶんそうだと思います)

そして、残念ながら閉店してしまった「諸国空想料理店KuuKuu」は妻の知り合いでもある南椌椌さん(http://www.kuu-kuu.com/)が経営されていたお店。
なんとも「不思議なご縁」と、妻も驚いていました。

さらに、今回の「くにたち コショコショ市」に出られる岡崎武志さんがブログでとりあげている「谷川書店」さんの仕入れノートは、私も何度か拝見しております。

その国立で古本市ですから、参加しないわけにはいきません。
鈍りきった身体に寒さは厳しいとは思いますが、新しいお客様との出逢いを楽しみに出店いたします。

くにたちコショコショ市 http://d.hatena.ne.jp/kunikosyo-market/
日時:2011年1月16日(日) 11:00~16:00頃
場所:コミュニティ・ホール 旭通り ※古本市は屋外での開催です
東京都国立市東1-14
JR国立駅南口より徒歩3分

みちくさ市回顧(2)は現在書いている最中ですが、コショコショ市が目の前に迫っておりますので、後日アップします。
ということで次回は、「くにたちコショコショ市」出品本の紹介をさせていただきます。

|

« 「第9回 鬼子母神通り みちくさ市」 回顧(1) | トップページ | 「くにたちコショコショ市」出品本の紹介 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1132277/38459709

この記事へのトラックバック一覧です: 「くにたちコショコショ市」のご案内:

« 「第9回 鬼子母神通り みちくさ市」 回顧(1) | トップページ | 「くにたちコショコショ市」出品本の紹介 »