« 佐野洋子さん逝去 | トップページ | 「第9回 鬼子母神通り みちくさ市」 出品本の紹介(2) »

「第9回 鬼子母神通り みちくさ市」 出品本の紹介(1)

お待たせしました。11月21日(日)に催される「第9回 鬼子母神通り みちくさ市」において、私ども<とみきち屋>が出品する本の一部を2回にわたって紹介します。

<とみきち屋>は旧「花結び」となり個人宅ガレージに出店します。

→こちら(地図)http://kmstreet.exblog.jp/page/2/

今回、妻・とみきちは仕事で参加できませんので、店番の助っ人として姪(弟の長女)を連れて行きます。初めてのコンビゆえ、行き届かぬ点もあろうかと思いますが、よろしくお願いいたします。

特集1【 追悼 佐野洋子 】
まずは何をおいても<とみきち屋>がこれまで毎回お薦め本として出品してきた佐野洋子さん。
ほんとうに残念なことですが、11月5日に逝去されました。
追悼特集を組みます。ほんとうは生前にやりたかったのですが…。

エッセイが中心。同じ著書でも単行本、文庫本両方で揃えたものもあります。品切れ本は11冊ほど。品切れでなくとも、アマゾンでは既に取り寄せまで2~4週間かかりそうな本も出始めています。
一人でも多くの方に読んでもらいたいと思っておりますので、ファンの方、興味を持たれた方は是非お立ち寄りください。

201011151657000

特集2【 作家論、作家の周辺(文壇)ほか 】
月並みな感は否めませんが、この手の本をお探しの方もいらっしゃるのではないかと。

■野口冨士男『感触的昭和文壇史』(文藝春秋)
■野口冨士男編『座談会 昭和文壇史』(講談社)
■入江杏子『檀一雄の光と影』(文藝春秋)
■森田草平『漱石の文學』(現代教養文庫)
■小島政二郎『小説 芥川龍之介』(講談社文芸文庫)
■中村光夫『谷崎潤一郎論』(新潮文庫) ほか

201011151710000

【 単行本 】

■ヘンリー・ミラー『マルーシの巨像』(水声社)
■アイザック・B・シンガー『短い金曜日』(晶文社)
■双書・20世紀の詩人5『パウル・ツェラン詩集』(飯吉光雄編・訳 小沢書店)
■絲屋寿雄『増補改訂 大逆事件』(三一書房) ほか

201011151834000

|

« 佐野洋子さん逝去 | トップページ | 「第9回 鬼子母神通り みちくさ市」 出品本の紹介(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1132277/37684097

この記事へのトラックバック一覧です: 「第9回 鬼子母神通り みちくさ市」 出品本の紹介(1):

« 佐野洋子さん逝去 | トップページ | 「第9回 鬼子母神通り みちくさ市」 出品本の紹介(2) »