« こんな本を (2010.4) | トップページ | 「第10回 不忍ブックストリート 一箱古本市」出品本紹介(2) »

「第10回 不忍ブックストリート 一箱古本市」出品本紹介(1)

10回目となる「不忍ブックストリート 一箱古本市」。今回は原点回帰の意味合いもあって、一箱の大きさが38㎝×32㎝。昨秋が50㎝×40㎝だったから、かなり小さくなる。
作業を始めた途端唸ってしまった。一度に出せる本が少ない…。
箱の底の部分を犠牲にして、お客さまが見やすいようにと考え出した<とみきち屋>タワーをもってしても限界が…。
今回は、先発とベンチ要員を分け、スペースができたら随時補充する方針でいきます。忙しくなるなあ。

それでは、<とみきち屋>出品本の一部を2回にわたってご紹介していきます。

〔海外文学の森 絶版・品切れ本特集〕

■ソルジェニーツィン『収容所群島』(全6冊揃い・新潮文庫)
■ホフマン『牡猫ムルの人生観』(上下・角川文庫)
■ナボコフ『ベンドシニスター』(サンリオ文庫)
■ジュリアン・グラック『シルトの岸辺』(ちくま文庫)
■リルケ『フィレンツェだより』(ちくま文庫)
■コレット『私の修業時代』(ちくま文庫)
■リラダン『未来のイヴ』(上下・岩波文庫)
■マラマッド『アシスタント』(新潮文庫)
■トーマス・マン『詐欺師フェーリクス・クルルの告白』(新潮文庫)

■ヤン・ウォルカーズ『赤い髪の女』(角川文庫)
2回目の出品。山田詠美絶賛の絶版本です。

■ジャン・グルニエ『孤島』(竹内書店・AL選書)
■ジョイス・マンスール『充ち足りた死者たち』(白水社)
■ナボコフ『世界の文学8 キング、クイーンそしてジャック 断頭台への招待』(集英社)

■マルケス『百年の孤独』(新潮社・1999年改訂版)
現在、マルケス全集の中に『百年の孤独』は当然入っていますが、全面改訳して1999年に発行されたこの版は品切れです。私はこの装幀の方が遙かに好きです。

※上記以外にも何冊か揃えます。また、品切れではない海外文学本も出品します。

〔クラシック音楽の小部屋〕

■五味康祐『五味康祐 音楽巡礼』(新潮文庫)
■五味康祐『ベートーヴェンと蓄音機』(ランティエ叢書)
五味康祐は<とみきち屋>の看板。今回も出品します。

■宇野功芳『フルトヴェングラーの全名演名盤』(講談社+α文庫)

■吉田秀和『LP300選』(新潮文庫)
復刊された『名曲300選』(ちくま文庫)には入っていない、吉田秀和による当時の推薦盤が、56頁に亘り解説付で巻末に載っています。
『300選』の新旧文庫本については以前書きました。(→こちら)

■梅津時比古『耳のなかの地図―音楽を聴くこころ』(音楽之友社)
23日に2010年度「記者クラブ賞」を受賞した梅津時比古の稀少本。かくも静謐で美しい文章を書けるクラシック音楽評論家は、吉田秀和を除いて他にはいないと思います。

■『考える人 特集 クラシック音楽と本さえあれば』(2005年春号・新潮社)
「わたしのベスト・クラシックCD」では、水村美苗、蜂飼耳、杉本秀太郎、佐伯一麦、森内俊雄、保坂和志、小池昌代、平出隆などがアンケートに答え、好きなCDを語っています。
安岡章太郎、堀江敏幸、恩田陸ほかの記事、内田光子ロングインタビューも掲載。

〔とみきち屋強引セット〕

●旧制高校生三種の神器セット
 西田幾多郎『善の研究』(講談社学術文庫)
 倉田百三『愛と認識との出発』(岩波文庫)
 阿部次郎『三太郎の日記』(角川文庫)

●深代惇郎セット
  『天声人語8 深代惇郎』(朝日文庫)
  『深代惇郎エッセイ集』(朝日文庫)

深代の文章がどれだけ素晴らしいものだったか、現在の天声人語しか知らない方に是非読んでもらえたら。

●マラルメ論セット
 ブランショ『マラルメ論』(筑摩叢書)
 サルトル『マラルメ論』(ちくま学芸文庫)

201004261153000_2

201004261206000_3

201004261235000_2

<とみきち屋>は
4月29日(木・祝) 11:00~16:00
「COUZT CAFE 藍い月」(http://www.couzt.com/)に出店します。

|

« こんな本を (2010.4) | トップページ | 「第10回 不忍ブックストリート 一箱古本市」出品本紹介(2) »

コメント

楽しみですね~一箱市!私はちょっと落ちたけどすっかり立ち直ってワクワクと支度をしてます。29日は全く外に出れないからとみきちやさんに行けなくてガックリです。
買えなくても見たいもの。硬派な風太郎チョイスはうちには絶対真似出来ないから尊敬!黒っぽいし!うちは私が足を引っ張っているので、かなり俗っぽくなっちゃいます。
五味康祐いっぱい書いてますね~知らないのばかり。この間みちくさで頂いたのは私の宝物にして御大にサービスされた本と共に本棚にしまいました。
本当に有り難うございます。

投稿: JUNGLE Y | 2010年4月27日 (火曜日) 03:18

>JUNGLEBOOKS Yさま

遅い遅い返事で、すみません。一箱前は全く余裕がなくなっていました。

うちも柔らかい本は結構出しているんですよ。もっと女性のお客様に買って頂きたい、お話させていただきたいと思って(笑)

五味さんの本喜んでいただけ、嬉しいです。
あの本、私が初めて一箱に出た際、素敵な父娘との出逢いをつくってくれた思い出深い本でもあるのです。だから、そのお父様のところにも、私の手元にも1冊ずつあります。

29日市田邸での占いのイベント、大盛況でよかったですね。

5月2日は助っ人が終わってから、2時間ほど時間がとれそうなので、伺いたいと思っています。

投稿: 風太郎 | 2010年4月30日 (金曜日) 21:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1132277/34395989

この記事へのトラックバック一覧です: 「第10回 不忍ブックストリート 一箱古本市」出品本紹介(1):

« こんな本を (2010.4) | トップページ | 「第10回 不忍ブックストリート 一箱古本市」出品本紹介(2) »