« 〔お知らせ〕 <とみきち屋>今後の予定 | トップページ | バッハに浸り、古書買いを愉しむ »

友からのメール

以前このブログに書いた、小児科医の友(高校同級)から携帯にメールが届いた。
男同士のメールは短い。長いのなんてかえって気持ち悪いと、私などは思ってしまう。

1.五味康祐をもっとも象徴する本を一冊
2.長沢延子遺稿集、読んだらそのうち貸して
急いでない

五味さんの本2冊プレゼント。週末までに送るよ。
○○に読んでもらえるなら、これ以上嬉しいことはない。
長澤の本のこと了解。
また、飲もう。

五味さんはありがたく貰っちゃう
飲みたいね
また連絡する

こんな感じのやりとり(笑)

これだけで済んで、気持ちが通じる友というのは楽だ。
「そんなのわかりきったことだろ」「ごちゃごちゃ面倒だよ」なんて言葉は一切不要。
楽だけではないな。ありがたいと思う。

かげにまわったら、何を言ったりやったりしているんだか…と思える輩が多すぎる。
もっとも、私の場合あからさまな言動が災いしてよく衝突したものだ。
わざわざ腹をたてるのも馬鹿ばかしいと思えるくらいには、大人になった気はしている。

互いのブログを読んでいるので、友は五味康祐に興味を抱いたのではないだろうか。
古本市に参加する遙か前、「この本はこの人に」と思える近しい人に、いつか読んでもらえたらという思いで、お気に入りの本は最低3冊揃えるようになっていた。
だから、今回の旅立ちは嬉しい。

長澤延子はたぶん原口統三の名前を挙げたからだろう。
4年前、ちくま文庫で『定本 二十歳のエチュード』が復刊されたとはいえ、今の若い人たちがどれくらい読んでいるか見当もつかない。東大生でも、そう多くは読んでいないのかもしれない。

★アマゾンを調べて残念なことが…。『定本 二十歳のエチュード』早くも品切れ。ちなみに私は、初めて読んだ時の角川文庫を2冊、光芒社版1冊、ちくま文庫3冊、日本教養全集<16>、計7冊所有。

友とは今年の2月に二人で飲んだ。気がついたら終電を過ぎていた。
普段、アルコールを口にすることはほとんどないのだが、しみじみ、或いは楽しく飲める酒はいい。美味いと感じる。ビールかバーボン。バーボンが無い時はジン。これくらいしか飲めないが。

年内、彼と飲めるだろうか。他にも、飲みたい友人は何人かいるが、皆忙しそうだからな。

倉田百三、吉本隆明の本を教えてくれた、現・小児科医の友について書いた記事。
未読で、興味のある方はよかったら。

「友と出逢い 本と出会う -高校から浪人時代にかけての回想」
こちら→ http://ramble-in-books.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-b092.html

「信頼できる心の友 小児科医」
こちら→ http://ramble-in-books.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-7e6c.html

|

« 〔お知らせ〕 <とみきち屋>今後の予定 | トップページ | バッハに浸り、古書買いを愉しむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1132277/32003452

この記事へのトラックバック一覧です: 友からのメール:

« 〔お知らせ〕 <とみきち屋>今後の予定 | トップページ | バッハに浸り、古書買いを愉しむ »