« 『吉本隆明語る 思想を生きる』  聞き手・笠原芳光 | トップページ | 第3回「みちくさ市」出品本の紹介(2) »

第3回「みちくさ市」出品本の紹介(1)

まずはご報告を。10月10日(土)開催予定「不忍ブックストリート 秋も一箱古本市」への参加が正式に決まりました。
今回のみちくさ市から1ヶ月も空いていないので、春同様悩みに悩んでいます。何冊も手元にあるものなら、いい本、お勧めの本は毎回でも出したいと思っているのですが、それ以外はできる限り重ならないようにしたいという思いが拭えず、自らを縛り付けている感じです(笑)。
それでは2回に分けて、「とみきち屋」出品本の一部をご紹介させていただきます。

200909150109000

■久生十蘭『魔都』(朝日文芸文庫)

■中上健次『破壊せよ、とアイラーは言った』(集英社)
集英社文庫版も品切れ久しく、入手の難しい本です。アルバート・アイラーだけでなく、マイルス・デイビス、ジョン・コルトレーン、エルビン・ジョーンズ、セロニアス・モンクなどについても熱く語っています。

■土方巽『病める舞姫』(白水Uブックス)
澁澤龍彦、三島由紀夫、瀧口修造、埴谷雄高などを魅了した「暗黒舞踏」の確立者・土方巽の作品。

■荒川洋治『夜のある町で』(みすず書房)
いつの間にか版元品切れ。いい本なのに。

■山上たつひこ『光る風 上・下』(ちくま文庫)
■岡田史子『ほんのすこしの水』(サンコミックス)
とみきち屋がコミック? ええ、確かに。でも、山上作品は番頭のお気に入り。岡田史子は昔吉本隆明が推薦していたので。

200909152030000■フーコー『外の思考』(朝日出版社)
■ヘンリー・ジェームズ『金色の盃 上・下』(講談社文芸文庫)
■青山光二『青春の賭け 小説 織田作之助』(中公文庫)
■徳富蘇峰『読書法』(講談社学術文庫)
■大松博文『おれについてこい!』(講談社)

ほか、シオラン、斎藤環、内田樹、鷲田清一、深沢七郎、安岡章太郎、小栗虫太郎など多数。
次回は特集、セット物などをご紹介します。

「とみきち屋」の出店場所は、キク薬局ガレージです。

--------------------------

《 第3回 鬼子母神通り みちくさ市 》

昨年11月30日にプレ開催としてスタートした商店街での古本フリマ「みちくさ市」の第3回を9月20日に開催します。2008年6月、東京に新地下鉄・副都心線が開通し、雑司が谷駅が誕生しました。ちょうどその駅の真上には、ひとつの商店街があります。鬼子母神通り商店睦会。安産・子育の祈願で知られる鬼子母神堂付近から"ちんちん電車"都電荒川線の「鬼子母神前」停留所を抜け目白通りに至る商店街です。
この地の利をいかした、地元に根付くイベントを開催できないかと、「鬼子母神通り商店睦会」と、早稲田・目白・雑司ヶ谷にて本に関する仕事をしている人間のグループ「わめぞ」が組んで、一般参加型の古本をメインとしたフリーマーケットを開催することになりました。商店街の店先で一般参加者が古本や雑貨などを販売し、わめぞによるミニ古本市も商店街内数か所で開催します。鬼子母神通りが一日限定の古本街になります。

▼開催日
2009年9月20日(日) 10:00頃~16:00
雨天の場合、翌日21日(月・祝日)に順延(この日が雨の場合は中止)

※当日は、鬼子母神堂境内にて手創り市も開催されております。こちらも併せてお楽しみください(21日に順延の場合は開催なし)。
http://www.tezukuriichi.com/

▼会場
雑司が谷・鬼子母神通り
東京都豊島区雑司が谷2丁目・鬼子母神通り周辺
Google地図 >> http://tinyurl.com/6xmc4y

主催/鬼子母神通り商店睦会  協賛/わめぞ http://d.hatena.ne.jp/wamezo/

-----------------------------------------------------
● 当日朝の7:00に天候による開催の有無を決定します。
------------------------------------------------------
以下の方法で開催の有無を確認できます。
・みちくさ市ブログ http://kmstreet.exblog.jp/
・みちくさ市携帯サイト http://mblog.excite.co.jp/user/kmstreet/
・わめぞブログ http://d.hatena.ne.jp/wamezo/
・みちくさ市本部携帯電話 090-1766-2008(当日のみ)

|

« 『吉本隆明語る 思想を生きる』  聞き手・笠原芳光 | トップページ | 第3回「みちくさ市」出品本の紹介(2) »

コメント

こんにちは。着々と準備を進めておられますね。
見れば見るほど、わが相方垂涎モノの本たちが!
20日開催であれば、相方ともどもご挨拶に伺います。(21日ですと、彼は仕事なので)
私もこの中に「欲しいっ!」本がありますので、一般のお客様のチェック後、もし残っていたら、と密かに狙っております。
それでは、みちくさ市でお会いできることを楽しみにしております。

投稿: 駄々猫 | 2009年9月16日 (水曜日) 16:05

>駄々猫さん

こんばんは。ようやく出品本のリスト作成が終わったところで、特集やある程度値段に合わせた店のレイアウトはまだ決まっていませんし、スリップ、POPの作成もこれからと、先が思いやられます。毎度のことですが(笑)

>見れば見るほど、わが相方垂涎モノの本たちが!
20日開催であれば、相方ともどもご挨拶に伺います。(21日ですと、彼は仕事なので)

ご主人にも是非お会いしたいところですが、台風の影響もあって20日は微妙な感じですね。

>私もこの中に「欲しいっ!」本がありますので、一般のお客様のチェック後、もし残っていたら、と密かに狙っております。

ありがとうございます。ブログで触れたり、何人かの方にはお話しもさせていただいているのですが、参加者・関係者の方には開店直後にご購入いただくのは、目玉商品の場合、ご遠慮いただこうと思っております。やはり、わざわざお越し下さる一般のお客様を優先させたいので。
私から何も言わなくても、駄々猫さんと同じように思っていただき、開店後1時間以上経過してから、或いは閉店近い時間にご購入いただいた方は何人もいます。「これ残っていたら、もらいますね」という感じで。とても嬉しいことです。
その代わり、お声をかけていただいた場合には、こちらもいろいろ考えるようにしています。

>みちくさ市でお会いできることを楽しみにしております。

私も楽しみにしています。そちらにも伺いますね。

投稿: 風太郎 | 2009年9月16日 (水曜日) 21:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1132277/31391267

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回「みちくさ市」出品本の紹介(1):

« 『吉本隆明語る 思想を生きる』  聞き手・笠原芳光 | トップページ | 第3回「みちくさ市」出品本の紹介(2) »