« 下鴨納涼古本まつり」目録、ジュンク堂天満橋店10周年記念小冊子など | トップページ | 「第3回鬼子母神通り みちくさ市」出店します! »

映画『劔岳 点の記』 -誰かが行かねば、道はできない。

映画『八甲田山』『駅 STATION』『鉄道員(ぽっぽや)』などのキャメラマン・木村大作初の監督作品『劔岳 点の記』。もちろん撮影も本人が手がけている。原作は新田次郎による同名小説。(→こちら)
今からおよそ100年前の明治40年、日本地図完成のため立山連峰山中27ヶ所に三角点を設置、わけても登頂路さえ見出せず、難攻不落と言われた劔岳登頂を果たした男達の物語である。

CGなし、ヘリを使っての撮影なし。当時の陸軍参謀本部陸地部測量隊が歩んだ道を忠実に辿りながら、険しい山々を登った末に完成。監督をして「これは撮影ではない。"行"である」と言わしめたのも納得がいく。スクリーンに拡がる映像の圧倒的な力は筆舌に尽くしがたい。神々しい山々の美しさには息を呑む。

『八甲田山』をご覧になった方なら想像がつくと思うが、雪山の恐ろしさ、厳しさを撮らせたら、この人の右に出る者はいない。一歩先には地獄が大きな口を開けて待ちかまえている恐怖が観る者の身体を凍らせる。

浅野忠信は寡黙な中に揺るがぬ意思を秘めた測量手・柴崎芳太郎の役を、香川照之は自然に対する畏敬の念を忘れることなく、劔岳登頂のため身を粉にして測量隊を引っ張っていく案内人・宇治長次郎の役を見事に演じていた。両者とも抑えた演技が光っていた。
残念なのは、宮﨑あおい演じる浅野忠信の妻役が明治の女性というより現代的なイメージだったこと。香川照之の息子役や中村トオル演じる日本山岳会の小島烏水役の科白が深みに欠け、細やかな心情の変化を描く点で物足りなさを感じたところか。松田龍平は亡き父・松田優作に比べ俳優としてはまだ足下にも及ばないという印象を受けた。脇を固めるモロ師岡、役所広司はらしさを発揮、安心して観ていられる。わずかしか登場しないものの夏八木勲、國村隼は存在感を示している。総じて見事な映画だった。この映画の主人公はある意味、立山連峰、悠久の自然そのものだからだ。

春の陽射しに包まれ穏やかな表情を見せていた山の天候が瞬く間に急変し吹雪、豪雨となって人間を襲う。人の力ではいかんともし難い自然に対し、謙虚で在らねばならぬ大切さも教えてくれる。そして、畏れ敬う姿勢を失わなければ奇跡的な光景を見せてくれるのが、自然の奧深さでもある。
自然と対峙する中で、浅野忠信、香川照之らが役者という枠を超え、一個の人間としての表情を見せる瞬間があり、それが素晴らしい。
俳優、スタッフを含め、幾度も険しい山に登り、厳しい山の自然に耐えた者たちの執念によって作り上げられた映画だ。
「誰かが行かねば、道はできない。」圧倒的な自然を前にして人間という存在のなんとちっぽけなことか。しかし、そのちっぽけな人間の中に秘められた強い意思の尊さに、心打れずにはいられない。

天狗平から臨む、夕陽に映える雲海はこの世のものとは思えぬ美しさ。極端すぎるとの誹りを免れないかもしれないが、この光景を目にできるだけでも一見の価値がある。

音楽は、アルビノーニ『アダージョ』、ヴィヴァルディ『四季』、マルチェッロ『オーボエ協奏曲』、バッハのG線上のアリアなど、全編にわたって有名なバロック音楽が使われていたが、不思議とマッチしていた。

立山は平安時代から、地獄信仰、観音信仰と結びつき、山岳信仰の霊場として知られた霊山。鎌倉時代には地獄と浄土が併存する他界信仰が形成され、江戸時代になると、地獄思想が立山曼陀羅に描かれた地獄の絵解きによって庶民の中に浸透していったと言われている。映画の中でも「立山曼陀羅」が登場し、劔岳は針の山、すなわち地獄としてとらえられており、信仰に篤い地元の人々が劔岳への登頂を好ましく思わない様子も描かれている。

●立山信仰と立山曼陀羅の解説
http://www2.ocn.ne.jp/~tomoya1/
●立山信仰の世界
http://www.pref.toyama.jp/branches/3043/tate/w-b.htm

今回、夫婦のいずれかが50歳以上なら二人で2,000円という割引を利用して観た。サービスはありがたいが、そんな年齢になったのかと体力の衰えとともに認識させられるのは複雑だ。
予告編で、『30デイズ・ナイト』が流れる。ゾンビのようなヴァンパイヤーが、30日間夜の明けないアラスカの街を襲うという設定。「これ観たい!」と言うと、「なんでこんなものをわざわざお金を払って観なくてはならないの。100万円もらっても観ない!」と妻。ばっさり斬られてしまう(笑)。
『劔岳 点の記』は上映時間の関係もあって、新宿歌舞伎町の映画館で観たのだが、掃除は行き届いていない、係員の対応はいいかげん。さらに、挙動不審の客が紛れていた。かつては名画の上映で知られた映画館の凋落ぶりに、「なんか場末って感じ。二度とここでは観ない」とご不満の妻であった。これで映画そのものが×だったらたいへんなことになっていたなと、冷や汗。

|

« 下鴨納涼古本まつり」目録、ジュンク堂天満橋店10周年記念小冊子など | トップページ | 「第3回鬼子母神通り みちくさ市」出店します! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1132277/31060366

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『劔岳 点の記』 -誰かが行かねば、道はできない。:

« 下鴨納涼古本まつり」目録、ジュンク堂天満橋店10周年記念小冊子など | トップページ | 「第3回鬼子母神通り みちくさ市」出店します! »