« 「第2回みちくさ市」エピソード3 | トップページ | 下鴨納涼古本まつり」目録、ジュンク堂天満橋店10周年記念小冊子など »

静かなお盆休み

お盆休みのこの時期、休みをとることはあっても、我が家にはほとんどイベントがない。まず、帰省する故郷(田舎)がない。どこへ行こうにも渋滞は避けられず、仮に車を使わなくても人出の多いところに足を運ぶのはそれだけで疲れてしまう。30代に入った頃から肌が弱くなってしまったため、海やプールがダメ。火傷のように日焼けしてしまう。そんなわけで今年も静かな休みを送っている。

もう何年も芥川賞、直木賞作品を読んでいない。

しかし、葉っぱさん(http://d.hatena.ne.jp/kuriyamakouji/)がブログで前々から磯崎憲一郎を推していたので久しぶりに購入して読んでみようかと妻と話していたところ、思わぬプレゼントが舞い込んできた。葉っぱさんご本人から『終の住処』(新潮社)を送っていただいたのだ。ほかにも、妻がこのところ漱石作品及び漱石に関する書物を中心に読んでおり、私が吉本隆明を若い頃から愛読していることもあって、吉本隆明が漱石について語っている講演CDも!ありがとうございます!!
『夏目漱石を読む』(筑摩書房)、『漱石の巨きな旅』(NHK出版)。『吉本隆明文学思想講演集 白熱化した言葉』(思潮社)に収められている「漱石をめぐって」などは読んでいるが、講演は初めて。聞き通すには相当の時間を要しそうだが、楽しみでならない。

葉っぱさんからは京都で開催された「下鴨納涼古本まつり」に関し、ブログで書かれていること以外にも貴重な情報を頂戴した。どんな本がどのような事情でかぶっているか、どこらあたりの本の出品が少ないかなど、素人として古本市に参加している私たちにはとても参考になる情報。今後のとみきち屋のテーマを考える上でも役立ちそうだ。もう少し具体的に書名などを聞かせてもらえたらなあと、現在葉っぱさんにお願いしている最中。

古本愛好家の間ではそのつど話題に上る「下鴨納涼古本まつり」だが、私には古書を蒐集する趣味はないので、そのためにわざわざ京都に足を運び覗いてみたいという気持ちは湧いてこない。京都は私にとって特別な町ということもある。学生の頃訪れるようになり、社会人になってからは10年近い関西出張もあって(長い時は2週間、年8回)、うまく休みを利用し数え切れないくらい訪れて来た。京都には毎回でも行きたい、何度行っても飽きないが場所が多々ある。
春の桜、真夏の照りつける陽射しの中、紅葉の頃、雪の中というように季節ごとに同じ寺でも味わいが異なる。春秋の夜間拝観も趣があっていい。好きな寺では1時間以上庭を眺めながら坐っていられる。何度でもお顔を見たいと思える仏像も多い。加えて、まだすべての寺を廻ったわけでも、路地を歩いたわけでもない。だから古本まつりも、古書店めぐりも、京都に関しては今後も縁が無さそうだ。
ただ今回、葉っぱさん好みの本がズラリと並んでいるという古書店を教えてもらったので、そこだけはいつか訪れてみたいという気持ちになった。

今日は親戚筋の告別式に参列。91歳になられた方なので、大往生と言えなくもないが、身内にとっては違う。たとえ覚悟ができていたとしても。
息子にとって母親は生きていてくれるだけでいいという思いが強いとよく言われるが、そうかもしれないな…という気持ちになった。私の母は今年87歳になるが、ガリガリに痩せてしまい、身体じゅうボロボロ。気力だけで生きているような感じだ。何のための気力かを考えると、辛いものがある。

|

« 「第2回みちくさ市」エピソード3 | トップページ | 下鴨納涼古本まつり」目録、ジュンク堂天満橋店10周年記念小冊子など »

コメント

お久しぶりです。まだまだ暑い!sun
>もう少し具体的に書名などを聞かせてもらえたらなあと、現在葉っぱさんにお願いしている最中。

もう暫くお待ちください。少し頭の整理をしますので。

>古本愛好家の間ではそのつど話題に上る「下鴨納涼古本まつり」だが、私には古書を蒐集する趣味はないので、

僕もそうなんです。今回の目録と京都古書案内地図を手に入れたので、後で送りますよ。吉本の講演CDも「漱石と鴎外」について喋っているのもあるのです。それと同梱します。上のレポをアップしてからでしょうね。忘れないでおきます。

>葉っぱさん好みの本がズラリと並んでいるという古書店を教えてもらったので、そこだけはいつか訪れてみたいという気持ちになった。

アスタルテ書房でしょう。ここは50年代、60年代のライナップで、購入すると言うより、僕の蔵書を売りに行くという感じですね。
買うというなら、従来型の古書店というより、今はあまり情報がネットに流れていないので現在の状況はどうなっているかわからないが、ブックオフや古本市場の新中古書店の先駆けとも言えた「自由フォーラムグループ」の棚でしょう。高田馬場の「kinokokuniya書店」は立派に営業を続けているでしょう。
この十年、東京に行っていないので何とも言えないが、
「自由フォーラム」の棚は代表のMさんが立ち上げた。そもそもは新刊書店をやりたかったが、資金のやりくりで古本屋をやったわけですよ。
ただ、新刊書店の仕入の目で棚構成をした。それが新中古書店の先駆けのような棚と結果としてなった。
そうそう、僕のブログのアーカイブにそれに関する論考がありました。後でそれをリンクします。

投稿: 葉っぱ64 | 2009年8月16日 (日曜日) 15:59

【自由フォーラム事例研究】
(1)http://d.hatena.ne.jp/kuriyamakouji/20060531/p1
(2)http://d.hatena.ne.jp/kuriyamakouji/20060601/p1
(3)http://d.hatena.ne.jp/kuriyamakouji/20060602/p1

投稿: 葉っぱ64 | 2009年8月16日 (日曜日) 16:08

葉っぱさん、ご無沙汰しております。その節は妻がたいへんお世話になりました。
とても楽しかったようで、話を聞く都度羨ましくなります。

>もう暫くお待ちください。少し頭の整理をしますので。

どんな本がリストで挙がってくるのか楽しみです。ちなみに私が90年代に主に読んだ思想系は、吉本隆明は『ハイ・イメージ論』を中心に。他には大澤真幸、竹田青嗣、加藤典洋、柄谷行人、宮台真司、東浩紀、ベンヤミン、ドゥルーズ、アルチュセールあたりになるでしょうか。

>今回の目録と京都古書案内地図を手に入れたので、後で送りますよ。吉本の講演CDも「漱石と鴎外」について喋っているのもあるのです。それと同梱します。

いろいろとありがとうございます。目録を見れば自分との距離感が測れますね。吉本さんの講演は嬉しいです。このところ、若い頃お金がなくて売ってしまった吉本さんの本を見つけては買い戻しています。書店によっては思いの外廉価なので助かるのですが、一抹の寂しさも感じてしまいます。

>アスタルテ書房でしょう。ここは50年代、60年代のライナップで、購入すると言うより、僕の蔵書を売りに行くという感じですね。

葉っぱさんが蔵書を処分される古書店ということなら、また別の意味で気になります。
知恩院近くの青蓮院がお気に入りの寺なので、東山駅から地下鉄に乗ってしまえばそれほど遠くないみたいですね。

自由フォーラムのことは知りませんでした。ただ、高田馬場にあるキノコノクニヤ書店には仕事のついで行くことがあります。あそこがそうだとは(笑)。私好みのみすず書房の在庫があったり、やや古めの絶版文庫が安く、品揃えも結構バラエティに富んでいるので、たまにですが思わぬ本を購入できます。
葉っぱさんのアーカイブも読ませていただきました。グループの他の店にも興味が湧いたので、いつか足を運んでみようと思います。

投稿: 風太郎 | 2009年8月17日 (月曜日) 06:25

>グループの他の店にも興味が湧いたので、いつか足を運んでみようと思います。

それが残念なことに渋谷の東急百貨店傍にあった「闘牛百貨店書店」とか、グループの店が撤退しており、
残っている店が少なくなっているみたいです。
出版流通地図が大幅に変わっていますね。
ミクシィから奥さんの「もうじき誕生日」のメールがきたので、
>今回の目録と京都古書案内地図を手に入れたので、後で送りますよ。吉本の講演CDも「漱石と鴎外」について喋っているのもあるのです。それと同梱します。

これを奥さんの誕生日の贈り物としましょうw。
でも、風太郎さんが、横取りすればいい。
「アスタルテ書房」は三条上がる、御幸通りで、マンションの一室です。今は、木曜日が休みです。名刺があったので、入れておきます。

投稿: 葉っぱ64 | 2009年8月17日 (月曜日) 14:23

>グループの店が撤退しており、残っている店が少なくなっているみたいです。

残念です。しかしこれも時代の趨勢、やむを得ないのかもしれませんね。ブックオフにしても今春を最後にセールがほとんどなくなり(私がよく行く店舗の場合)、ちょっといいものを安く入手できる機会が激減。
加えて、覗いても時間の無駄と思える品揃えのひどい店舗が増える傾向にあります。大日本印刷ほかの資本が入って以来、さまざまな面で様相が変わってきているのを肌で感じます。

>これを奥さんの誕生日の贈り物としましょうw。でも、風太郎さんが、横取りすればいい

ありがとうございます!横取りなんぞ普段なら怖くてできませんが、葉っぱさんの許可を得ているとあれば、思い切ってやれそうです(笑)

>「アスタルテ書房」は三条上がる、御幸通りで、マンションの一室です。今は、木曜日が休みです。名刺があったので、入れておきます。

もう2年、京都へは行っていないので、うずうずしていますが何分資金に乏しく(泣)。秋の古本市で頑張れば何とかなるでしょうか(笑)。

投稿: 風太郎 | 2009年8月18日 (火曜日) 00:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1132277/30962708

この記事へのトラックバック一覧です: 静かなお盆休み:

» ネット古本屋!開業マニュアル [インフォカート厳選情報商材紹介所]
ネット古本屋!開業マニュアル発行者: 株式会社日本ビジュアルご存知、ヤフオク起業のカリスマ。松井高志氏の最新ノウハウです。現在、オークション代行王のフランチャイズ展開を全国的に行っています。彼の教える加盟店の全売上げは、年間2億円以上!!この代表が、直接、書き下ろした貴重なノウハウです。アマゾンや、ヤフオクなどインターネットの古本販売における脅威の仕入れ法を完全公開しています!ご存知の...... [続きを読む]

受信: 2009年9月 7日 (月曜日) 19:51

« 「第2回みちくさ市」エピソード3 | トップページ | 下鴨納涼古本まつり」目録、ジュンク堂天満橋店10周年記念小冊子など »