« 「第1回みちくさ市」レポート(2) 購入した本やお店の話 | トップページ | <一箱古本市> 5月4日(月・祝)出店 「とみきち屋」出品本ご紹介 »

感慨、深く。 みちくさ市アルバムと武藤良子個展 「耳朶とスプーン」

心待ちしていた「みちくさ市」のアルバム(写真集)が早くもUPされた。
「旅猫雑貨店」金子さんによる作品集。

「第1回 鬼子母神通り みちくさ市」スライドショー。http://f.hatena.ne.jp/slideshow/wamezo/09-4-26%20みちくさ市/rss

前から金子さんの撮る写真がとても好きなのだが、今回の写真にも感動。今すぐあそこに戻りたいと思ってしまう。
風景の切り取り方、アングル、対象をとらえるタイミングが素晴らしいのは言うまでもない。
畢竟、人の心を動かすのは、撮る人の目と心だということを改めて感じさせてくれた。撮影された金子さんの愛情があふれています。

人はもちろん、街、本、雑貨、棚、看板などすべてのものが「いのち」を与えられ息づいている。
音はなくとも雄弁に語りかけてくる。短編映画を観ているかのように。
アップされているだけで122枚ということは、実際その2倍、ひょっとしたら3倍撮られ、その中からセレクトし、編集されているはず。その手間たるや想像しただけで気が遠くなってしまう。
金子さん、ほんとうにありがとうございました。

みちくさ市翌日、仕事の合間、武藤良子個展「耳朶とスプーン」に足を運ぶ。
静かな空間の中で、腰掛けて絵を見ながら時を忘れる。
一点一点に目を凝らすと、作者の「創造」に携わる苦悶の跡が残っているようにも感じられるのだが、見ているうちに不思議な感情に充たされてくる。懐かしいような、何かやわらかいものに包まれるような。
ブルー、グリーンの独特な色使いは多くの人の目を惹いたに違いない。
一方モノクロの画は、黒地と白地が絶妙のバランスを保っている。
そして、白地の中に描かれた黒い線の何と繊細なこと!思わず息を呑んでしまった。
正面左側に飾られていた印象的な豚の横顔。
「何と哀しい目をしているのだろう」と最初は感じられた。
ところが、しばらく見ていると、その豚を見つめる描き手のやさしい目が浮かび上がってきた。

素人の印象に過ぎないが、そんなことを感じながら素敵な時間を過ごさせてもらう。

武藤良子さんのことは、昨年のみちくさ市プレ開催の少し前に、いろいろな方のブログで知った。
今なお、様々なブログでその強烈な個性や言動が話題となっている。
でも、武藤さんがふっと立ち止まって独特の視線で自然を見たり、人との関わりの中で自分を表現するさりげない言葉が温かく、惹かれる。
個展を拝見して、繊細な人という印象はさらに強まった。
ものを創り出す芸術家というのは、傍から見ると相矛盾するものを抱えているようで、実は混沌としながらも、その両極端が在ってこそ創作を続けられる、それを創作のエネルギーにしているようなところがある。
武藤さんに、絵やイラストを描いていた父の姿を、知らないうちにダブらせているのかもしれない。
多くの方々が個展に訪れたのも、絵描きである武藤さんに触れたいからだと思う。
武藤さんのますますのご活躍を祈っています。

みちくさ市が終わったというのに、我が家の惨状は改善されるどころかさらに酷くなったような。

とみきち 「いったい何年経ったら片付くの! 好きなことはしてもいいけど、部屋を片付けるのが条件だったでしょ。このままだったら、私は一箱には出ないからね!」
風太郎 「それは脅迫だ」
とみきち 「これが脅迫だと言うなら、部屋の写真をUPしてみなさんに見てもらって判断してもらいましょう」
風太郎 「・・・・・」

さてさて、「不忍ブックストリート 一箱古本市」まであと数日しかないのに、作業はまだ5割も終えていない。明日は丸一日、約束の片付けと準備に精を出さねば(汗)。

|

« 「第1回みちくさ市」レポート(2) 購入した本やお店の話 | トップページ | <一箱古本市> 5月4日(月・祝)出店 「とみきち屋」出品本ご紹介 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1132277/29392371

この記事へのトラックバック一覧です: 感慨、深く。 みちくさ市アルバムと武藤良子個展 「耳朶とスプーン」:

« 「第1回みちくさ市」レポート(2) 購入した本やお店の話 | トップページ | <一箱古本市> 5月4日(月・祝)出店 「とみきち屋」出品本ご紹介 »