« 本あれこれ | トップページ | 「第1回みちくさ市」 出品本の一部ご紹介 »

歌の力、声の魔力 スーザン・ボイル -YouTube視聴4,300万回超え-

よほど興味のある話題を除き、普段YouTubeを利用することはほとんどないのだが、たまたま記事で見かけ,スーザン・ボイルの歌を視聴し驚愕した。もう既に日本中、いや世界中の話題を独占していることも知らなかった。

スコットランドに猫と暮らす47歳、無職の独身女性が、イギリスのオーディション番組で歌を披露する。12歳から歌ってきた彼女は、多くの人の前で歌い、歌手になりたいという夢を抱いている。町というより村の集まった田舎から出てきたという彼女の見かけはぱっとしないが、歌う前からおどけて見せたり、審査員や会場の失笑など何するものぞと、自信に漲っている。
47歳という年齢も私のひとつの側面でしかないと審査員にきっぱりと言う彼女。そう、年齢など関係ないのだ。
第一声を聴いた瞬間の人々の反応、その後の興奮は実際に視聴してご自身で確かめて見てください。(→こちらhttp://www.youtube.com/watch?v=wnmbJzH93NU&NR=1  )

何が素晴らしいか。彼女の歌には魂がこもっている。彼女の人生そのものがみごとに歌に昇華されている。そのさまが人を感動させる。人の歌声の力をあらためて深く感じさせてくれた。

曲はミュージカル『レ・ミゼラブル』から「夢やぶれて(I dreamed a dream)」。永遠に続くと思っていた夢が儚いものと知り、人生が夢を破ってしまった嘆くせつない歌なのに、彼女が歌うと不思議なことに「希望の光」が見えてくる。
低音部がややつまって伸びないようにも聞こえるが、そんな瑕疵は全く気にならない。(本格的なレッスンを受ければきっと克服されるはず)。
エンターテインメイント番組の演出も感じられはするが、最後の彼女の涙は嘘が無く、美しい。
抜群の歌唱力であることは誰もが認めるところであろう。しかし、大事なのは、歌のこころ。彼女は人の魂を揺さぶる何かを持っているように思える。これからデビューし、世界中で注目されていくなかで、彼女の原石としてのきらめきが損なわれないことを願う。

それにしても、人の歌声というものはなぜかくも魅力にあふれているのだろう。人はどうして歌に心を揺さぶられるのだろう。
人のからだを通して発せられる声は、物である楽器では決して出せない音。そして素晴らしい歌には普遍的な「物語(ストーリー)」があるからだろう。

嫌なニュースの多い昨今、清々しいものを見せてもらった。

|

« 本あれこれ | トップページ | 「第1回みちくさ市」 出品本の一部ご紹介 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1132277/29215189

この記事へのトラックバック一覧です: 歌の力、声の魔力 スーザン・ボイル -YouTube視聴4,300万回超え-:

« 本あれこれ | トップページ | 「第1回みちくさ市」 出品本の一部ご紹介 »