« 「第1回みちくさ市」は明日・26日(日)開催です!! | トップページ | 「第1回みちくさ市」レポート(1) お客様と本の話 »

「第1回みちくさ市」出店を終えて

風は強かったものの前日とはうってかわって夏のような陽気、晴天。さすが、<わめぞ>パワー。本部案内所に吊るされていた照る照る坊主の個性的なこと。
商店会会長奧さま作のチャーミングなのに比べ、わめぞチーム作の怪しげなものたちを何と表現すればいいやら。それでも、「古書往来座」瀬戸さんの「ハーリー(晴―りー)は、さすが瀬戸さんという渾身の作。が・・・「輝輝坊主」「十字架けんだま坊主」「耳無し芳一坊主」。誰の作とは申し上げませんが、この人、前から変だと思っていたが、想像を絶する(笑)。照る照る坊主はこちら()で見られます。
ともあれ、ほんとうに楽しい一日を過ごさせていただきました。

開店準備、値付け変更、レイアウト変え、店じまいなど慌ただしさと無縁ではないのですが、気持ちの面では穏やかな海にゆったり浮かんでいる気分。
これも実際の運営をされている、 「古書現世」向井さんを中心とする<わめぞ>の方々の行き届いたケア、商店街の方々のご協力あってのものだと、プレ開催の時以上に感じました。

何度も出店者のところに顔を出しては、「楽しんでもらっているかな。不安はないかな。」と様子を見に来られたり、一人で出店されている方の店番を替わったりと、大忙し。<わめぞ>の皆様ほんとうにありがとうございました。

店をたたむ頃、みちくさ市の幟をはずしている商店街の方に「お世話になりました」と声をかけると、「おつかれさまでした」と声を返してくださる。駅へ向かう途中、店先に腰掛けている方にお礼の声をかけると、にっこり微笑んでくださる。ああ、鬼子母神商店街の方々の温かい支えもあって、楽しむことができるんだなと、しみじみ思う。
そして、もちろん、足を運んでくださるお客様の存在。
参加者も楽しめ、何よりお客様にも喜んでもらえる。人と人が様々な交流をはかれる場としての「みちくさ市」、そして「古本市」には、(店主として参加できないことがあっても)、これからも足を運びたいという思いがますます強くなりました。

それでは、みちくさ市レポート始めます。今回は、<わめぞ>の方々、出店者の方々の話から。

<わめぞ>の組長(笑)、「古書現世」向井さん。初参加の方も、向井さんの器の大きさと気配りの細かさには驚かれたでしょう。今日ブログを拝見したら、1時間の睡眠とっただけで開催中も複数の取材を受けたり、記事のゲラチェックをしたりと、心配です。少しは休めるといいのですが・・・。

チャリンコお兄さん(?)、「古書往来座」瀬戸さん。あの改良を加えられた「ホンドラック」、誇らしげに屹立していました。(往来座)<のむみち>さんのブログにヒントを得て今回当店で用意した「東峰夫2冊セット」、残ったら必ず引き取るよ~と言ってくださったのに、早々になくなってしまい、すみません。

私どもの出店場所を担当していただいたNEGIさん。いろいろとありがとうございました。「最後に残っていたら」ということでご指名いただいた、大庭利雄『終わりの蜜月』。当ブログでとりあげた際、最初に注目していただいたNEGIさんの手に渡り、本も喜んでいると思います。

外市、月の湯古本市を含め、何度か<わめぞ>のイベントに足を運びながら、ご挨拶できなかった「立石書店」の岡島さん、リコシェの豆ちゃんさん(何とお呼びすればいいのか分からず)、お話しできて嬉しかったです。

武藤(良子)さん。全くと言っていいほどお話しできず残念でした。そろそろ伺おうかなと思ったら、4月28日(火)まで開催されているご自身の個展・《武藤良子個展 「耳朶とスプーン」》の会場へ行かれた後でした。

「旅猫雑貨店」金子さん。徹夜で出品される品をつくられていたと聞いたので、あの暑さの中、写真撮影に加え、スタッフとしてのフォローたいへんだったのではないでしょうか。
無理はお願いできませんが、金子さんの素敵な写真、心待ちしています。
お兄さまの「刃研ぎ堂」さんには、お姿を拝見できるだけで元気をいただけます。

荻原魚雷さん。魚雷さんがレジにいらっしゃったと、とみきちから聞き、そのお姿を見られず残念でなりません。何度かご来店いただき本を購入いただいたとのこと。ありがとうございます。

退屈男さん。初めてでしたね、あんなに本の話をさせていただいたのは。興味の対象が似ているのでとっても楽しかったです。

Pippoさん。あの強風では、大人もこどもも楽しめるファンタジックゲームも、きっとフル稼働とはいかなかったのでしょうね。
「ニューチンチロビルディングス3階建て」という棚、瀬戸さんのニューホンドラックに対抗できるか!?という意気込みは素敵ですが、(じっくり拝見しましたが)無謀です(笑)。でも、きっちり精巧に作られていたら、かえって違和感を抱いたかも。Pippoさんらしさはもっと別のところにあると思えるので。
先般のお返しということでしたが、貴重な冊子ほんとうにありがとうございました。感涙ものです。

当店にお立ち寄りいただいたナンダロウさん。バッグはすでに膨らんでいて、満足気なご様子。5月3日・4日開催(当店は4日出店)の「不忍ブックストリート 一箱古本市」では昨秋に続きお世話になりますが、よろしくお願いいたします。

古本市出店3回目にして、初めて岡崎武志さんに1冊購入していただく。所有されていないとは思えない本だが、嬉しい。後から岡崎さんのところにお邪魔する。岡崎さんが今回軒先をお借りしたという「暢気堂」さんがどんなお店なのかも気になり。ディスプレイが美しく、並べられた本も品があって。クレーの絵を表紙にした吉行淳之介の文庫本がとても印象的でした。お店もさることながら、ほんとうに素敵なお二人でした。思わず長居してしまうほどに。
岡崎さんのおみくじ引いたら、何と「大凶」。おかげで、向井さんのお腹をたっぷり撫でることができました。「大凶」引いて嬉しいおみくじなんて他ではあり得ない。
岡崎さんがブログで、当店「とみきち屋」にとって(昨年のプレ開催以来)忘れられないお客さまの一人、「はにかみ高校生」に触れられたものだから、とみきちのブログ「とみきち読書日記」へのアクセスは異常な数になっているらしい。
あ~、よりによって私が店を離れている時にご来店されるなんて、痛恨の極み。会いたかった。

「あいうの本棚」さん。お会いできると何故かホッとし、いつも心が和みます。
プレ開催でお買い上げいただいた、栃折久美子『モロッコ革の本』喜んでいただけて嬉しいです。マキさんにはピッタリではないかと思っていたので。トモコさん、犀星本に関する話ほんとうです。だから、引き取っていただけよかったと思っています。購入した手作りのきれいな切手集、さっそく飾りました。

「あり小屋」さん。0歳とはいっても、4ヶ月半ほどの間にお嬢様大きくなられましたね。ご主人は看板娘と思っていらっしゃるようですが、奥様に替わるにはまだまだ当分先ではないでしょうか。
5月4日は一箱古本市」で(出店場所は違いますが)、またご一緒できますね。楽しみにしています。

「たけうま書房」さん。昨秋の一箱で出店され、ナンダロウさんの音楽御用達という噂も伺っておりましたが、お声をかけていただき、恐縮です。CDの視聴ができるスタイル、いいですね。素敵なご夫婦だなと思いました。

お隣だった「古本 寝床や」さん。店主とみきちの怪しげな売り方は参考になさらない方が賢明です。 一つ間違えるとお客様が引いて、逃げてしまいます(笑)。
さらに番頭は自分で本を選んでおきながら店を離れ、ふらふら歩き回る。一緒にいればごちゃごちゃ訳のわからないことを話すというありさま。
初参加、緊張もあって随分お疲れになったのでは。お一人での出店は慣れていてもたいへんだと思います。
あまりお話しできませんでしたが、私番頭は人見知りする性格ゆえ、初めての方とはうまく話ができず、口数が少ないだけなのです。2回目で「あれ?」という感じになり、3回目になるとがらっと性格変わります(笑)。またお会いできるといいですね。

「kan books」さん。同じ出店場所でありながら、お声もなかなかかけられず、すみませんでした。帰り際に頂戴したミルキー、疲れたからだにはとてもありがたく美味しかったです。ごちそうさまでした。そして、おつかれさまでした。

次回は、ご来店いただいたお客様や本にまつわることをご紹介します。

|

« 「第1回みちくさ市」は明日・26日(日)開催です!! | トップページ | 「第1回みちくさ市」レポート(1) お客様と本の話 »

コメント

風太郎さん、みちくさ市お疲れさまでした。
遅ればせながらご期待に応えて、写真をフォトライフにアップしました。お待たせしました。
http://f.hatena.ne.jp/wamezo/09-4-26%20みちくさ市/

一箱古本市も間もなくですね。ご準備が大変かと思いますが、とみきち屋さんセレクトの良書がたくさん売れますように。

投稿: 旅猫雑貨店/かねこ | 2009年5月 1日 (金曜日) 03:47

>旅猫雑貨店 金子さま

先ほど帰宅し、心待ちしていた写真集、早速拝見しました。
言葉も出ないくらい感動しました。すぐにでもあの場所に戻りたいと思うくらいに。
金子さんの想いも伝わって来ました。

忙しい中、考えられないような短期間での作業、さぞかしたいへんだったのではないかと思います。金子さんの底力、少しでいいから分けていただきたい!

一箱古本市のことにまで温かい言葉をいただき、嬉しく思いました。
ありがとうございます。
これからも、金子さんの素敵な写真、手がけられるデザイン、楽しみにしています。

投稿: 風太郎 | 2009年5月 1日 (金曜日) 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1132277/29330683

この記事へのトラックバック一覧です: 「第1回みちくさ市」出店を終えて:

« 「第1回みちくさ市」は明日・26日(日)開催です!! | トップページ | 「第1回みちくさ市」レポート(1) お客様と本の話 »