« 古本・古本市 | トップページ | 〔雑記〕 イチローに神が降りたのか? 死闘-WBC決勝 勝負の恐さ »

〔日記〕 衰えを痛感

今日は2時間弱の睡眠で動き回ったので、けっこうきつかった。体力の衰えを痛感。

先週から新しい仕事にとりかかる。こちらが考案したものではない上に、これまで全く手がけたことない分野ゆえ、骨子をインプットするにも時間がかかる。スキームに綻びがいくつか見えるのだが、うまい改善策がひらめいてこない。頭も硬直化し始めているのだろうか。

ランチをしながら、高校以来の親友に意見を聞く。FCには詳しいので、ヒントになる情報をもらえた。ありがたい。

夕方高田馬場で20分ほど時間が空き、BIG BOX古書感謝市をのぞく。コートなし、寝不足の身には冷たい風が厳しく、集中して本を見れない。それでも、3冊購入。

     中島誠 編 『現代思想家論』 (レグルス文庫) 150円

     高安国世 『リルケと日本人』 (レグルス文庫) 150円

■ 武田泰淳 『わが子キリスト』 (講談社文庫) 150円

夜、ぼうっとしながら、WBC・日本VSアメリカ戦をダイジェストで見る。

日韓の投手のレベルが高くなったことは確かだが、アメリカ、中南米は短期決戦には向かないようだ。集中力が持続せず、雑なプレイが目立ち、細かい野球をしない。日本におけるセパ交流戦のように試合数が20もあれば、勝つのはきっと難しいと思うものの。

明日ライブで見れないのは残念。岩隈がフォークを巧く使い、6回まで韓国打線を1点以内に抑えてくれたら、僅差でも勝てるような気がする。

狙い球を絞らず、右バッターを有効に使えず敗れたら、監督の責任と言われてもしかたないのではないか。加えて、同じ投手に3度続けて手も足もでないようだったら、「日本の野球」とは言えまい。

本の中身や音楽について書く余裕が持てないのは、いかんなあ。

|

« 古本・古本市 | トップページ | 〔雑記〕 イチローに神が降りたのか? 死闘-WBC決勝 勝負の恐さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1132277/28774723

この記事へのトラックバック一覧です: 〔日記〕 衰えを痛感:

« 古本・古本市 | トップページ | 〔雑記〕 イチローに神が降りたのか? 死闘-WBC決勝 勝負の恐さ »