« ひばり(雲雀) ルナール~~ヴォーン・ウィリアムズ | トップページ | 佐野洋子のエッセイ (1) »

古本の日 いつもの古書店で

夜、馴染みの古書店へ。店主とは写真集の話に興じる。「中平卓馬の写真集はありませんかね」と尋ねたら、現在は在庫なしとのこと。それを機に、いろいろと昔の面白い話を聞かせてもらう。

●中央公論社から発行された映像の現代シリーズをセットで売ろうとしたものの、半年経っても買い手が見つからず、それぞれ値段を考えてバラ売りしたところ、3ヶ月後には完売。しかも、当初セット価格でつけた値段をはるかに上回った。ちなみに森山大道の『狩人』は20万円で売れたみたいだ。

●ある日、細江英公の『薔薇刑』を探しているという女性から電話。持っていると伝えると、「実物を見たい」と言う。やって来たのは豪華な装いの年輩女性で、少しアルコールが入っていたらしい。それでも、手にとって見る目は真剣そのもので、ひととおり目を通すと、「いただくわ。ほかに、面白いものある?」と訊かれ、これはと思う写真集を何点か見せると、計4冊40万円分購入。「彼氏へのプレゼントよ」と微笑みながら、店を後にしたとのこと。

店の奥から森山大道の写真集を出して来てくれたので、見せてもらう。値段もけっこうするが、彼にはこんな写真集もあったのかと思えるものだった。写真集は、来店時、実物があるならすぐ見たいというお客様ばかりなので、めぼしいものは倉庫にではなく店内に置いておくらしい。その後、牛腸茂雄の話を聞かせてもらう。写真についてほとんど知識がないので、初めて聞く写真家だった。どのような写真かを聞いているうちに、魅力を感じ欲しくなる。ネットで調べたものの、高価なものが多い。「SELF AND ATHERS」なら、手の届く範囲だが、とにかく一度図書館で探して、牛腸の写真を見てみよう。

〔 購入本 〕

■ クルト・シュナイダー 『病態心理学序説』(中央洋書出版部) 1000円

20年前に、『臨床精神病理学』(改訂増補第6版・文光堂)を読んだが、この本の存在は知らなかった。「心の異常、心の病態とは、いかにして了解され得るものか?今日の精神病理学の発展に重大な影響を与えた、ヤスパースとならぶハイデルベルク学派の代表的精神科医が、冷たく美しい結晶のような文体で綴るこのうえなく簡潔で端正な精神病理学総論」と、帯に銘打ってある。

■ 三浦つとむ 『マルクス主義の復原』 (頸草書房) 800円

吉本隆明『言語にとって美とはなにか』で、この著者の存在を知った。官許マルクス主義をどう捌いているか、楽しみだ。何度か読んだ、三浦つとむ『日本語はどういう言語か』(講談社学術文庫)は、実に斬新で刺激的な本だ。今なお色褪せていないと思う。他に『弁証法はどういう科学か』(講談社現代新書)、『ものの見方考え方』(頸草書房)を読んでいる。『こころとことば』(明石書店)も是非読んでみたい。

■ 井上日召 『一人一殺』 (新人物往来社) 200円

あの血盟団事件を起こした背景に何があったのかを知る、ひとつの縁(よすが)にはならないかと思い購入。井上本人は「一殺多生」をスローガンにしていたと聞いている。それにしても200円は安すぎる。まだ店頭に出していないものを、ちらっと見かけ、この値段で譲ってもらった。

■ 鶴見俊輔 ほか 『まげもの のぞき眼鏡』 (旺文社文庫) 200円

鶴見俊輔、多田道太郎ほか6名が大衆文学の魅力を伝える本。『虹滅記』『やちまた』の著者、足立巻一が執筆者に名を連ねているのだから、買うしかない!

帰宅後、昼間読み始めていた、篠山紀信 中平卓馬『決闘写真論』(朝日文庫)を一気に読了。13年以上前に購入した本だが、これで通読は5回目になるだろうか。部分的には何度も読んでいる。いつかブログで取りあげてみたい。

|

« ひばり(雲雀) ルナール~~ヴォーン・ウィリアムズ | トップページ | 佐野洋子のエッセイ (1) »

コメント

「井上日召 『一人一殺』 (新人物往来社)」を譲っていただけないでしょうか?もしよろしければメールをください。

投稿: 耳蝉。 | 2009年6月12日 (金曜日) 14:00

>耳蝉さま

はじめまして。
「一人一殺」読了しましたが、一冊しか所有していないことに加え、手元に置いておきたい本となりました。

何かの機会にもう一冊手に入れることができたら、ブログでアナウンスします。ただ、私は素人ゆえ、本を提供する場合親しい知人に贈呈するか、古本市のような対面販売しか考えておりません。
なので、出品する古本市に足をお運びください。
もちろん、その時には何らかの形で耳蝉さんを優先させていただきます。
いつになるかは全く予想もつきませんが。
どうかご了承ください。

投稿: 風太郎 | 2009年6月14日 (日曜日) 05:12

お返事ありがとうございます。

「手元に置いておきたい本となりました」というのに感動しました!僕は当然ながら未読ですが、僕にとってもそのような本になると思っているので、頑張って探してみます。

投稿: 耳蝉。 | 2009年6月14日 (日曜日) 08:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1132277/27466198

この記事へのトラックバック一覧です: 古本の日 いつもの古書店で:

« ひばり(雲雀) ルナール~~ヴォーン・ウィリアムズ | トップページ | 佐野洋子のエッセイ (1) »