« 「鬼子母神通り みちくさ市」 カウントダウン | トップページ | 「鬼子母神通り みちくさ市」 無事終了 »

「鬼子母神通り みちくさ市」出品本の中から

みちくさ市」に出品する本のいくつかを羅列するだけでは面白味に欠けるので、若干紹介させていただきます。正直申し上げて、私どもが出店する「とみきち屋」の宣伝です。また、選んでいるうちに気づいたのですが、書評家、古本ライターとして有名な岡崎武志さんが言及されている本の紹介がほとんど。「秋も一箱古本市」で初めてお会いし、ほんのわずかですが、お話しさせていただいた際、雰囲気のある、素敵な方という印象を強く持ちました。今回のみちくさ市にも参加されるとブログで知ったことの影響もあります。しかし、何より、その著書の多くが本好きには魅力あふれるもので、私自身何冊も読んでいたからだと思います。

数箱設置する中に、数も少なく、ありきたりではありますが「本の本、本屋の本、読書の本、ベスト本」というテーマの小さな箱をつくりました。その中からブックデザイン、装幀に関するものとして。

     栃折久美子『モロッコ革の本』(筑摩書房)※1

     菊地信義『装幀=菊地信義』(フィルムアート社)

本屋の本でも、読書の本というものではありませんが。

長田弘 『二十世紀書店』(中公新書)※2

※1 記憶は定かではないのですが、岡崎さんがちくま文庫に触れて書いている中で挙げられていたような・・・。出品するのは単行本(ソフトカバー)の方です。※2 岡崎さんが自著『読書の腕前』(光文社新書)の中で、「中公新書を思うとき、まっさきに思い浮かべるのがこの一冊」「一時期、古本屋通いのバックにいつもこの一冊があり、自分の書棚をうるおす最高の教科書だったことをいま思い出す。」と書いています。

     野呂邦暢 『丘の火』(文藝春秋) 『一滴の夏』(集英社文庫) 『落城記』(文春文庫)

講談社文芸文庫『草のつるぎ 一滴の夏』は今入手が難しいようです。再販の予定はあるのでしょうか。品切れにしておくのはもったいない。野呂から120通もの手紙をもらい、交流のあった豊田健次がその著書、『それぞれの芥川賞直木賞』(文春新書)の中で多くのエピソードを語っています。野呂という人物を知る上だけでなく、ひとつの物語のようにも読め、いい本です。

     野呂邦暢については、岡崎さんと山本善行さんの共著『古本屋めぐりが楽しくなる 新・文學入門』(工作舎)の中でも、約2ページにわたって語られています。この本、古本好きには堪らない。お二人の所有される本の質と数、知識の広範さ、情熱には圧倒されます。『丘の火』は遺作となった長編。

「とみきち屋」お薦め本。

・ 荒川洋治 『忘れられる過去』(みすず書房) 『文学が好き』(旬報社) 『読書の階段』(毎日新聞社)

極めてマイナーかもしれませんが。

・ 樋口修吉 『回転木馬』(集英社)

目黒孝二(=北上次郎)の書評の一部をもって紹介。

「この小説は樋口修吉らしい魅力にあふれた長編で、カジノ場面の迫力や脇を固める登場人物のあざやかさなど唸るほどだが、すぐれた恋愛小説もなっているのは、このヒロイン(注)たちが際だっているからだ」 目黒孝二『活字三昧』(角川文庫)より  

(注) by風太郎  普通の男ではとてもたちうちの出来ない、もぐりのカジノを経営する男の妻(老嬢)。いわば極道の妻。加えて、高校生の時に主人公と知り合った、家出娘。生一本の若い女性のこと。

ほかに、寺山修司ファンへ(品切れ本ではありませんが)、『ひとりぼっちのあなたに』(新書館 3冊入り復刻版)。ちょっと変わったものとして、後藤明生『四十歳のオブローモフ』(旺文社文庫)、辻邦夫『楽興の時 十二章』〈CD付〉(音楽之友社)。また、日本文化論の名作(と私は思っている)『自死の日本史』(ちくま学芸文庫・品切れ)の著者モーリス・パンゲによる、『テクストとしての日本』(筑摩書房)など。

一箱分を、300円均一コーナーとしても設けます。200円均一もあり。

「とみきち屋」出店場所:池田大シャッター前 みちくさ市本部 案内所横 (地図内 杉橋畳店前辺り)http://kmstreet.exblog.jp/9246115/

地図:http://kmstreet.exblog.jp/9564988/

明日は天気もよさそうです。鬼子母神では「手創り市」も開催されるとのこと。よろしかったら、足をお運びください。

|

« 「鬼子母神通り みちくさ市」 カウントダウン | トップページ | 「鬼子母神通り みちくさ市」 無事終了 »

コメント

「古本」で検索していて、たどり着きました。
わたしも鬼子母神のみちくさ市に行きます。
とみきち屋さんとおっしゃるのですね。
あす、のぞいてみます。

投稿: izaman | 2008年11月29日 (土曜日) 18:28

>izamanさん

はじめまして。コメントありがとうございます。「古本」の検索で当ブログにまで来ていただけ、嬉しいです。始めたばかりの、小さなブログですから、辿り着くまでたいへんだったのではないでしょうか。

差し支えなければ、明日お声をかけてください。「とみきち屋」は二人で出店しておりますので、私が店頭にいない時もありますが。
ご来店、お待ちしております。

投稿: 風太郎 | 2008年11月29日 (土曜日) 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1132277/25752482

この記事へのトラックバック一覧です: 「鬼子母神通り みちくさ市」出品本の中から:

« 「鬼子母神通り みちくさ市」 カウントダウン | トップページ | 「鬼子母神通り みちくさ市」 無事終了 »